松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年07月01日

会員向け新規講座:「和綴じ製本」鳥飼成雄講師、7/30火・8/20日ご案内

 友の会には240人の会員が登録されています。今年の夏場、2回に分けて「和綴じ(わとじ)製本」というめずらしい講座を博物館実習室で開きます。初めての会員指導・鳥飼成雄さんによる実技講座です。若干の空きがありますので、お申し込みを受けています。材料と指導の範囲もあり、限定各10人です。材料費500円。以下、工程の概略をお知らせします
  ―事前に、実行委員が受講したことです。仕上がり寸法は天地24㎝・左右17㎝、表紙布地、本文用紙半紙15枚二折り+1枚(表紙化粧用)。
工程Ⅰ表紙(裏用も)の布地が仕上がりより外周2㎝でスタートするので、定規とカッターで仕上がりサイズに仕立てていく!。基本線切り→星印を打って、左右を平行・天地を寸法に合わせて→裁断し、長方形にする。2枚重ねで裁断し、→表用・裏用ができあがる。工程2表紙の裏側に化粧になる紙を貼る。それには、最初の半紙の1枚を、外周を5ミリほど小さくして、布地の表・裏に糊で貼ることにする。
工程3ここで、表紙となる布地の四隅を、小さく山形に切り落として、折ってきれいに貼っていく作業を入れる。
工程415枚の半紙分を中綴じする。仕上がると見えなくなってしまう場所だが、本がばらばらにならぬよう、内側できっちり補強しておく作業。そこで、厚紙に穴の位置を開けてある板紙をかぶせて、半紙15枚に千枚通しで穴をあける。ここに上段2所一組、下段2所一組、計2組の中綴じを仕込むことにする。
工程5本文15枚の半紙の背側(閉じる側になります)の天地に『角切れ』を付けます。本の角を保護し、装飾にもなります。事前に用意した長さ3㎝・幅1・6㎝(本の厚さは2ミリ)に1・2㎝のところから三角の切り落しをすると格好よくなる。
工程6表紙布と裏表紙布で15枚の本文を挟み、綴じ穴を示す板紙でたしかめ穴を開けます。製本の目的は、この本文15枚の作品を装丁よく綴じるのが目的ナノダ!!(誰だ、遺言でも書いておくか?とは!!)。
工程7最後の作業になる、綴じの糸通しへ。針糸のスタートから終わりまでは図表にしたがって、上から下へ、隣の穴の下から上へと進む。最後、突き出しら、すぐにその糸の中へ、針糸を食い入れてタンコブをつくれば終了です!。
  今回は「四ツ目綴じ」でしたが、穴の数や場所によって、高貴綴じ、麻の葉綴じ、亀甲綴じ、大和綴じ、etc.各種の綴じ方がでてきます。 
材料としては、針・綴じ糸・カッタ-ナイフ・定規・千枚通しなどが必要ですが、最初は、用意しますので、はさみ・カッターをご用意ください。友の会会報5月号募集・7/9火曜締切、往復ハガキで希望日と会員番号・お名前を。