松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年12月08日

講演会報告:「古墳時代の渡来人と渡来文化」・小林孝秀学芸員は、満席聴講12/8終了

 12/8(日)午後、市立博物館講堂で、小林孝秀学芸員による{古墳時代の渡来人と渡来文化}と題した講演会が開かれました。縄文時代・弥生時代のあと、古墳時代になる日本列島について、関心は高く、会場は満席80人(会員30人・一般50人-市外20)となりました。豊富な画面は配布レジメとともに、参加者へ興味を増していきました。今回の焦点は、日本の古墳時代である5、6世紀をめぐる、在来の列島文化と渡来文化との探求でした。{3・4世紀の古墳には、呪術的・宗教的な副葬品が見られるのに対し、5・6世紀には武人的・軍事的なものへと明らかなちがいがみられる。なぜか?}というところからスタート。{当時の東アジアの国際情勢、とくに、朝鮮半島における高句麗の南下による緊迫から、半島南部の百済・伽耶(かや)諸国から倭国(同盟)へ騎馬文化をはじめ新来技術・文化が渡来してきた。}と、おおきくくくられる。各地の遺跡や出土品を紹介しながら、渡来例の説明へ。➀それまでの日本にはいなかった馬が列島に持ち込まれ、乗馬の風習、生産、飼育そして騎馬戦への武器・武具・馬具が伝来、➁野焼きだった土器が陶質土器の技術による須恵器の生産、③カマドをもつ竪穴住居の出現、④鉄の加工においては、鋳型に流し込む鋳造の技術がもたらされるなど。"明治維新それよりも大きな変化"が、"海をわたってきた渡来人によって伝えられる"という表現を引用されていました。{この文物の渡来のながれは、畿内を中心とした王権から地方へと、(一方通行的に)伝わっていったという考えより、渡来人・ものは、列島の各地へ直接に、伝播・交流されてもいたのではないか?}と、問題提起をされました。小林学芸員は1年間、韓国に留学した経験もあり、交流のなかから、食事の作法や調理、食器などでの類似点やちがいなどの体験話も話される。埋蔵物がまわりとの慎重な比較考証で"時代判定"されていく、研究者ならではの苦労話もでました。松戸市行人台遺跡からの多孔式甑(こしき)や鋳造鉄片の出土、東京湾岸の渡来系遺物、横穴式石室の導入などから、{5世紀後半の実態解明というテーマ}を熱心に語られました。当「友の会との共催講演会」は年内は終了、次回は、1/26(日)13:00~15:00『常盤平団地の生活史Ⅱ』青木俊也学芸員です。(記・松尾)