松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年03月26日

松戸市桜名所20選行ってみよう:⑲江戸川樋之口辺り、⑳中央公園、㉑横十間川桜並木 追3-3

10選追記3-3です。
⑲江戸川樋之口辺。樋之口排水機場・常夜灯・親水松戸川・河川敷と風景地。花火大会の場所でもある。松戸駅西口から10分ほど、直線で江戸川に通じる。市民劇場、一平橋(いっぺいばし・坂川)、中央図書館を通る。
⑳中央公園。松戸駅東口から3分で高台になる。戦前には工兵学校があったし、その前には競馬場が、何百年の昔になれば、兵どもの戦いもあったという。桜は散在だが、歴史のある公園である。
㉑横十間川(よこじゅっけんがわ)の桜並木。流山街道の五差路から六間川(ここにも桜並木がある!)を遡ること2キロほどで馬橋高校のグランドに突き当たった場所。15年ほど前、馬橋高校生たちやボランティアの手で植栽がおこなわれた。以上をもって20選としました、まだ桜はみることができますので、行ってみてください。
 以下、高木第二小学校・南部小学校・中部小学校・古ヶ崎小学校など市内40校の校門や校庭にも、立派な桜が見られます。中学・高校にも!。馬橋駅前、松戸新田駅前など各駅前にも紹介したい桜の景色があります。市内の60以上の寺院には、大谷口の大勝院(だいしょういん・真言宗豊山派)などご紹介したい桜があります。数多くの神社や民家などにも、大樹の桜が50地域のシンボルになっています。今回は、ここまででとし、ことしの桜状況をお伝えします。
記事→⑳中央公園。相模台(さがみだい)と呼ばれる台地。古墳があったとも云われる。鎌倉時代、房総守護職の北条長時系が岩瀬に居城したという。1536年(天文7)の相模台合戦があり、小田原の北条氏と安房の里見氏とが松戸から市川にかけて合戦。千葉氏一族の小金の高城氏は北条方として戦功をあげる。