松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年08月30日

秋の8部会活動と11の講演会:『まつど物語』『北海道探索日誌』講読や大宮氷川神社・小田原城・館林行も

 昨年並みの会員240人となった当会・友の会では、8月中は学習部会は休会が多かったことです。9月からの、各部会のご案内と見学会の予定(会員向け)や講演会(主催・共催・博物館、一般の方も可)などを紹介します。
8部会の活動―「古文書部会」―毎月第2水曜午後、大谷口村の江戸末『御用留』などを読み進めています。「水無月の会」―毎月2回・第1・第3の金曜午前、松浦武四郎の『北海道探索日誌』などを、月2回解読へ。「考古の会」―第4火曜・午前『日本書紀』、午後『王権誕生』(寺澤薫)を予定。「松史会」―第一水曜午後、『松戸市史・近世編』を講読中。「中世の東国の会」―第2金曜午後、『享徳の乱』(峰岸純夫)を講読中。「縄文の会」―月例は休会中。「まつどを知る会」―第一水曜午前、『まつど物語』などで広く浅く交流の場へ。「はたくさの会」―毎月2回木曜、年間講座制、草木染めから機織りまでを習得へ。
見学会行事8回の予定です―10/16水「大宮氷川神社周辺を歩く」。11/14木バス見学「北条五代の居城・小田原城を訪ねる」。12/7土・12/12木「館林を歩く」。1/7火「初詣・川越七福神」。2/20木「鎌倉幕府興亡の地を歩く」。2/29土「小金城・根木内城見学ツアー」、3/27金バス見学「甲府・信玄ゆかりの地を歩く」。
以下、講演会11回の予定です(敬称略・博物館講堂・詳細は追って市報・会報にて)―9/29日「古代の住宅事情講演」望月幹夫館長。10/12土「房総半島からみた江戸時代の松戸市域講演」土屋雅人(千葉市立郷土館)。10/19土「新しい貝の花菜遺跡の姿講演」大森隆志。10/26土「縄文の美を楽しむ―海辺の縄文文化」井出浩正(東京国立博物館)。11/4月「生活事始め―考古資料から見た上手な資源の使い方」上守秀明(千葉県教育振興財団)。11/17日「お江戸の事件と錦絵3鯰絵が走る」富澤達三。12/8日「古墳時代の渡来人と渡来文化」小林孝秀。1/25土「(仮)仁徳天皇陵の調査と世界文化遺産への登録」徳田誠志(宮内庁書陵部)・市民劇場。1/26日「常盤平団地の生活史Ⅱ」青木俊也。2/16日「(仮)松戸のハワイ」山田尚彦。3/14土「(仮)講談を楽しむ会」演者未定・市民劇場。写真は江戸川土手からの8月末風景。