松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年08月27日

友の会:新コロナの影響で新会員は8名、秋の学習部会・見学会も始動へ!『板倉鼎・須美子書簡集』紹介

1月に日本における新コロナ発生が公表されてから7か月、第二波のピークといわれる感染拡大が続いています。35度の熱中も続いています。友の会の活動も、見学会や講演会は中止のままです。"なんのための友の会"、"なんにもやってない友の会!"と思われていることでしょう?。博物館そのものが再開されたのが6月で、実習室の利用も"10人以下"と制限されています。毎月の運営委員会も制限されているのが実情ですが、7月・8月と状況報告や館側との連絡会は再開してきています。新年度の新会員は8名で、千駄堀・幸谷・樋野口・大金平・上本郷・松戸・五香そして柏市南逆井からの入会者です。過去二年間の新会員は35人・36人と比べれば大幅減少です。
 人気の見学会もコロナ感染を防止しながら、どう実現するかが検討されています。10月には『日光街道千住宿』の徒歩見学会を予定。これまでの、"みんなで歩く"代わりに、事前説明会を開き、5,6人で分散して歩く案を検討しています。11月には『城下町佐倉』の探訪会も計画中です。


9/16発行予定の『9月会報』をごらんください。学習部会8グループも、二つに分かれたり、会場を別にしたりして再開しだしています。「中世の講読会」は『市川市史・中世編』を同日・早番・遅番の二グループで輪読を再開しました。同じ、ページ単位ですすめるようにし、資料も双方に配布しあうようにしています。和綴じ講座は9/3,4の二日間、午前・午後に分れ4グループで行います。講師の鳥飼成雄氏には4回のご指導となります。30人を越す松史会は、3グループで行うか、しばらく様子をみるか?を9/2に話し合う予定です。
 講演会の予定は、まだでていませんが、8/30まで展示室で開催中の『松戸のたからもの―松戸市の美術コレクション』は好評のうち、終了します。関連イベントとして、8/23(日曜)、市民会館会議室で{板倉鼎(かなえ)・須美子の生涯と書簡}と題したレクチャー会がありました。「板倉夫婦の書簡集の刊行記念」ということでした。30人という入場制限のなかで、田中典子氏(松戸市美術館準備室学芸員)からの解説がありました。板倉夫婦の生い立ちからハワイ経由でパリに住み、作品を生み出していき、死別していった話を画像をもとに紹介がありました。100年ほどの経過のなかで、書簡の解読や絵画の剥落修復への苦労を聞くことができました。書簡集を監修された川崎キヌ氏(和洋女子大学名誉教授)からは、"板倉夫妻の結婚式用の与謝野鉄幹の誓詞文や鼎死別に際しての須美子への弔文には、教え子への愛情あふれる文でした、どうぞ、一日一通、書簡集をお読みください"と、9年間の労作を話されました。*『板倉鼎・須美子書簡集』A5版・872頁・定価4,300円 松戸市教育委員会―松戸市デジタル美術館検索。