松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年05月30日

おーい松戸○○派あつまーれ!5:⑬文学派、⑭町会・自治会の掲示板、⑮街路樹・並木めぐり派

市立博物館はコロナ感染対策で閉館中でしたが、6/2火曜から一部開館します。展示資料室(有料・市民70歳以上無料)や館蔵資料展『郷土玩具―人と動物のかたち』(無料)も再開し、6/21(日)まで延長します(チラシには6/14まで)。友の会の活動も6/2以降から事務局を再開予定です。
 
 おーい松戸○○派あつまーれ!5:あなたの好奇心・探求心を見直してみるシリーズを続けます。
⑬松戸をめぐる文学派:元・松戸市立図書館勤務でした宮田正弘さんがまとめた『まつど文学散歩』(私家版・平成23年刊)という大部の編集本があります。こつこつと松戸にまつわる文学作品・著者の紹介を図書館報の付録のように発行されてこられた労作です。無論、ことし旅だって千年紀の『更級日記』や、伊藤左千夫の『野菊の墓』、直木賞作家の水上勉の矢切駅前の旧居跡記念碑の紹介もあります。100人を越す文学者たちが、松戸を舞台に文章や足跡がみられます。


⑭町会・自治会の掲示場:ふらり、市内どこの町場を歩いても掲示板がみられます。多くは、市役所からのコロナ感染の注意とか、警察署の詐欺に注意、交番からの防犯についてですが、地元ならではの独自の報告や募集チラシなども見られます。とくに、町会名が昔の字(あざ)の名前があったりします。小学校からの報告文やソフトボールチームの部員募集、生き生きサロンの案内、弔意の告示など、その町ならではの親しみを読み取れます。小学生の描いた運動会やパパ・ママの絵が、張り付けてある掲示板もありました。


⑮街路樹・並木めぐり派:松戸は街路樹の整った街でもあります。市役所街路・花通り担当課の一覧表では、35通りを紹介してます。常盤平のケヤキ並木が有名ですが、とちのき通り(小金原)・ゆりのき通り(馬橋)・にせあかしあ通り(二十世紀が丘)などがあります。市内の並木を歩いてみると、松戸も広いなー、昔はどんな景色だっただろうなー、と思わせます。落ち葉や枝振りの伸びへの苦情が多くなってきてますが、愛着づくりでも四季の街路樹を見守りたいことです。