松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 227名

見学会サイト  https://sites.google.com/view/tomonokai2021   藤沢

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2021年07月17日

松戸市小学生ソフトボール:8月の全国大会へ男・女そろって県代表出場へ,壮行会終わる 7/17

 東京オリンピックの夏、ソフトボールチームの活躍も期待されています。甲子園には専修大学松戸高校が千葉県代表です。ここ松戸市の小学生の男・女のソフトボールチームが千葉県代表として、8月の第35回全国大会に出場します。男・女そろって松戸市からの全国出場は県大会30年間でも、初めての快挙です。その壮行会が松戸市ソフトボール協会(会長・鈴木)・ジュニア連盟(竹内孝之会長)の呼びかけで、7/17(日)午前、江戸川の河川敷球場で開かれました。
 梅雨明けの、暑い日差しのなか、女子『松戸JSLホワイトレイズ』(監督・増澤宗一・14名)・男子『松戸JSLグリーンレイズ』((監督・富田正二・27名)のメンバーが一人づつ紹介されました。来賓、父母、関係者約100人が健闘を祈りました。第一戦は、男子は会場の滋賀県守山市で、8/8福井県か鹿児島県の勝ちチームと、女子は会場の九州・宮崎市で8/11に、長崎県「佐世保ひまわり」と対戦します。ともに40チームを越す選抜チームとのトーナメントです。5日間の日程です。孫世代の活躍に期待してます。"松戸っ子、ガンバレョ!!"です。暑中お見舞いです。(会員Kより)  
追記:大会結果は、男子は、1回戦は岡山代表に5:0、2回戦を京都代表に1:0で勝ちましたが、3回戦で福岡代表に2:0で敗退しました。優勝は神奈川代表でした。女子は、2回戦を長崎代表に12:5で勝ち、3回戦を東京代表に14:1で負けました。優勝は静岡代表でした。ご声援ありがとうございました。