松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年09月16日

9月会報:御鹿狩展9/26~、「上田」中村、「幸田遺跡」田嶋、「くぬぎ山ー」阿部、「大回り乗車」椎野

最新の友の会報を9/16(水)に発送しました。この日、午前中、運営委員会には10人のメンバーが集まり、依然、コロナ禍の続く中、友の会の活動を検討しました。見学会にはスマホを利用した新しい見学会方法の実験実施や来年正月の七福神めぐりを下谷とか柴又といった近場にしたらと具体的な話。また、"積立金をこの際使って、バスで遠隔地への見学会を!"とか、"低迷打開へ"各員の意見が出ました。午後からは9月号会報の発送作業を行いました。今月の会報の発行には、会員からの寄稿文が4人掲載、9/26からの企画展案内チラシと招待券(市立博物館提供)・『松戸市文化財マップ』(松戸市社会教育課発行、写真2)・『まち歩きマップ我孫子駅東』(我孫子市アビシルベ発行)、「近隣館情報一覧」(当会)・「まなびいネット掲載一覧」(当会)なども同封されました。(写真1)

以下、今月の会報の主な内容です―
◍『松戸と徳川将軍の御鹿狩』9/26~11/15企画展示室。八代将軍吉宗ら将軍らは4回、松戸市五香付近の小金原で御鹿狩を行った。
➀10/11(日)将軍御鹿狩後始末・高見澤美紀氏・國學院大學兼任講師、森のホール。②10/24(土)祝祭としての御鹿狩・椿田有希子氏・横浜市立大学非常勤講師、森のホール。③11/1(日)さまざまなお鹿狩資料・学芸員、市立博物館。いづれも13:00から。申込制。
◍〈ひとこと・エッセイ〉「御鹿狩」から近くて遠い噺:御鹿狩をなぜ{おししがり}と読むのか!中山文人・学芸員。
◍会員エッセイ:私のふるさと―故郷・信州上田(塩田平)・中村茂之会員、"昭和初期には、千曲川の左岸の田畑に飛行場が建設され…"。
◍会員エッセイ:私の松戸―幸田(こうで)の思い出・田嶋昌治会員、"…古墳時代前期の土師器であることを教えられました…拙書『地域の歴史発見―歩き 聞き 調べる』崙(ろん)書房刊行。
◍部会報告:〈中世の東国講読会〉:コロナ禍により変則体制で再開しました・世話人から。
◍会員投稿記事:くぬぎ山あたりからの手紙・阿部嘉徳会員、御立場商店街・矢切駅・本土寺とのつながりエッセイ。
◍友の会行事予定:今後の対応について・椎野時雄企画担当、10月~3月までの見学会を検討してます。
◍参加者募集(会員限定):『日光街道千住宿を歩く』への事前説明会、➀10/15(木)午前2回、➁10/22(木)午前2回。講師・鈴木博会員
◍城下町シリーズ(会員限定):城下町佐倉の探訪―➀11/5(木)、➁11/19(木)各25名、500円佐倉駅集合9時30分。*千住宿・佐倉ともに事前にハガキ申込のこと。
◍会員投稿記事:{JR1区間片道切符140円で行く電車の旅}椎野時男会員。 新松戸駅8:30→小山駅→高崎駅13:50→浦和駅→南流山駅16:11}6170円→140円、85駅、7時間41分乗車時間、デシタ。駅ナカ可、改札の外へは不可、ことし6月実施。下車駅で、"大回り乗車です!"と答える。文中には地図あります(写真3)。