松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年08月11日

講演会ご案内:8月の松戸の花火大会・献灯祭り終了、次は市博講演会25(日)へ №.345

 夏の松戸の{四大まつり}―7月の『新松戸まつり』、8月の『松戸花火大会』と『松戸宿坂川献灯まつり』が終わり、さらに8/30~9/1の『小金宿まつり』(北小金駅南口)となります。さあ、この夏、室内イベントの講演会にもドーゾ!。千駄堀の市立博物館で「出産と子育ての民俗」という身近なテーマです。板橋春夫・日本工業大学教授のお話です。出産は、いまでは病院で分娩するのが当たり前になっていますが、かつては、自宅でお産婆さん・助産婦さんの手でおこなわれてきました。板橋教授の著述では、近代以前には「男性産婆」が存在したそうです。{産婦は身近な助産技能の持ち主に対して、性差別に関わり無く、信頼を寄せた事例}もあるとか。初期の医学専門学校が男性のみに門戸を開き、{医師は男性、看護・助産は女性}という性別役割の生じた歴史へも言及。担当している青木俊也学芸員は、{民俗学とは何か、その役割は?}をテーマに、今回もその追及のひと講座でもあります。8/25(日)、12:30~16:30、市立博物館講堂・当日受付50名、無料。写真1は8/3(土)夜、開催された松戸花火大会の一枚、一万発が音楽と花火とのコラボもあり、夜空を彩りました。花火向きの夜となり、江戸川からは他の遠花火もみることもできました。写真2・3は、8/9(金)-10(土)、松戸神社前の坂川での献灯まつり。浴衣姿の子どもや若い女性の灯ろう流し、四萬六千日参詣のご利益になるという松龍寺、門前ではとうもろこし市、春雨橋前の坂川ステージがみられました。8/24(土)、松龍寺では{とうろうのお焚き上げ}があるそうです。