松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年11月22日

学芸員講演会:{旧石器・縄文時代人と石の文化}大森隆志学芸員、11/22 終わる

 コロナ禍のもと、会場を半分以下の入場にして、11/22(日)午後から市立博物館の講堂で友の会共催の講演会が開かれました。大森隆志学芸員による「旧石器・縄文時代人と石の文化」でした。30人余の熱心な向学メンバーの参加で、その時代の人々が、実際に、石の産地まででかけたのか?、産地の情報をどうやって得たのか?、と3万5000年前から1万5000年前頃の、この松戸にもいただろう人々への疑問アレコレとなりました。
 休憩を挟んだ2時間、前半は狩猟採取中心の旧石器時代にみられる石器の、石材の実物や種類、その産地の紹介へ。遺跡から多くみられ、産地が限られている黒曜石のことでは、松戸の遺跡からの実例結果を図表で示される。後半は、日本列島全体での石器づくり技法の伝播、そして縄文時代、地元「貝の花遺跡」からの石材調査結果の話へ。{石器・石材のことを調べることによって、モノ・ヒトの動きがわかってきます}と。もともと、房総半島、松戸も石器になる石材を産出できない場所だから、遺跡から発掘された石器の種類・石材成分を調べると、どこからの産出かが分かる、ということ。しかも、その場所まで取りに行ったのか?その場所のことを、どうやって知ったのか?、あるいは、原石からどういう技法で石材を用途にあう製品に仕上げたのか?と、解明すべきことがひろがる。
 松戸市の旧石器時代の関場(せきば)遺跡からは2000点をこす石器・石片が出ており、黒曜石・ガラス質・チャート石が多く見られる。黒曜石は栃木県矢板市の高原(たかはら)山と長野県和田峠から、時代がくだると伊豆の畑宿(はたじゅく)からの産出の石材がみられてくる。そこまで、旧石器時代人は石材を採りに行ったのかの疑問?。俯瞰的に、2万9000年前から2万5000年前、日本列島には2万人程度の人口だったようだが、"瀬戸内に住んでいたヒトが、東日本へ移住もしてきたことが石器の作り方の伝播でも推定される"という。さらに、この旧石器時代のナイフ型石器を製作する瀬戸内技法は、一旦、日本海側に伝わり新潟方面から南下して関東に拡がっているという。旧石器時代から定住型の縄文時代になると、磨製石器が登場し、それまでの産地まで石材を採りに行くことではなく、ヒト・モノの交流が見られるようになり、製品・半製品が中継されるようになってきている、という。縄文時代になると、土器の製造、ムラの形成、がみられてくるがそこまでは時間切れ。
 アンケートも皆さん、積極的に協力があり、"初めて聞く話だったが、すごく興味を持って聞くことができた、何万年前は、東京湾が埼玉の奥まで広がっていたなんてしりませんでした!"(60代・女性)、"最新版の松戸市史にはない、新しいお話がきくことが出来てよかった。"(70代・男性)という回答もありました。なお、12/6(日)同じく学芸員講演会・小林孝秀学芸員「棺(ひつぎ)が語る古墳時代史の話」があります。博物館ネット受付です。 写真1は講演会、2はプレイルーム、3は喫茶室アジュールです。