松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)を主宰、参加し楽しく学びます
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)を主催、参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月A4・12p)発行、近隣館情報(会報付録)発行、会の活動「ネット」(週1回)発信。会員は情報、学習成果の発表、こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 216名

見学会サイト   https://sites.google.com/view/tomonokai2024

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2022年07月31日

講演会報告:「古文書から探る松戸の江戸時代」富澤達三/学芸員 7/31 会場いっぱいへ

 猛暑日とコロナ七波の中、博物館講堂が久しぶりに埋まる約70人の参加者。{江戸時代の松戸}の講演会が開かれました。題して「古文書から探る松戸の江戸時代」を富澤達三/学芸員でした。展示中の『古文書をみる 絵図をよむ』((8/28まで)の解説でもあり、当友の会と学芸員による共催講演会でした。

 講演の前半は、{江戸時代における村≒ムラの姿について}の解説でした。後半は、展示中の古文書のなかから、松戸におけるムラの地図、離縁状、借金証文、ほうそう(疱瘡)やペリー来航のときの{かわら版}などの紹介でした。アンケート結果では、地元の松戸の江戸時代の姿が、"具体的にみえてきた"、"興味深く聞くことができた"とありました。
 
 講演の一部から*配布資料も参考  
江戸幕府は全国を検地し、村々の生産力を「米の生産高=石高(こくだか)」で把握。税は主に現物の米(年貢米)で徴収した。税は各個人ではなく、「村請制」(むらうけせい)といわれる"村全体で払う"。各個人で税を支払う現代とちがいます。
村内には村人による三役人(名主なぬし・組頭くみがしら・百姓代ひゃくしょうだい)が選ばれたりして、年貢の米集め、宿場の人足・馬の提供といった助郷役(すけごうやく)といった村としての責任を負った。
今の松戸市域には、約60のムラがあった。全国には6万5000の村があったという(1834年)。一つのムラの概念図は、中心部の集落、周辺部にノラとも云う田畑耕地、外周部に林野の入会地(いりあいち)となる。中心部には集落として主要道路や寺院、神社が存在した。江戸時代は、キリスト教が厳禁とされ、毎年、宗門改めとして、各戸の檀家が確かめられていた。その記録が、今日では人口動態の資料になったりして役立っている例がある。
村の領主は、➀江戸幕府、②直参家臣の旗本、③大名・諸藩、のいづれかだった。幕府の直轄地は、幕末で400万石以上、旗本領260万石ほど。旗本は約5200人、うち知行地(ちぎょうち・領地)を与えられたものは半分ほど、他の旗本は、米を支給される「蔵米取(くらまいどり)」だった。旗本たちには、領地を分散されて与えられ、複数の領主が一つの村を分割するという「相給村落」(あいきゅうそんらく)が多かった。
○今回の館蔵資料展では、松戸市内で名主だった2家、大谷口(おおやぐち)村と秋山村との古文書から、江戸時代を紹介している。大谷口『天保郷帳』(1831年・天保2年)では、村の石高は236石、隣の小金町に助郷、近くの上野牧と高田台牧へ野役、後の資料では、戸数41,人口243、厩23、船21、鎭守は神明社、寺院は真言宗大勝院と日蓮宗常信寺とがあります。
秋山村は、武田信吉領から旗本梶川氏領を経て、幕府領へ。『天保郷帳』では289石。村の鎭守は春日神社、寺院は日蓮宗慶国寺。助郷は松戸町に出役、小金牧御用として中野牧に野役。1891年(明治24)の戸数51,人口270とある。 (聞き書き・松尾)