松戸市立博物館友の会


 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 227名

講演会申込は こちら  https://sites.google.com/view/tomonokai2023  

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2021年11月19日

結城見学会報告 11/19(金) *見学会サイト

さわやかな 秋晴れのもと 結城見学会 26人が参加。
来年度大河ドラマ 『鎌倉殿と13人』との接点を見いだすところからスタート。結城朝光の墓と 頼朝の大将塚を前に
鈴木講師による 『結城秘蔵金伝説』を聞く。鎌倉時代から 江戸幕府体制へと 結城があゆんだ 歴史に思いを馳せる。
結城は 蕪村が 10年あまり 逗留したところ。随所に 句碑が。『北寿老仙を悼む』の碑では 蕪村の自由体作風に開眼する。
お寺と見世蔵の並ぶ街並みを散策し 結城酒造を見学。ランチ前のプチ試飲会を愉しむ。昼食は仕出弁当屋の3階ホール。
午後は 結城織資料室にて 無形文化財の『地機』を見学。
各自 結城への思いをあらたに 家路につく。(藤沢)

   見学会サイト https://sites.google.com/view/tomonokai2021 で 結城見学会の様子が見れます。
                                           アンケート結果も ご覧頂けます。


   20周年記念講演会 https://sites.google.com/view/tomonokai2023 で お申込み頂けます。