松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果・各種情報を紹介。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味などを披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 227名

見学会サイト  https://sites.google.com/view/tomonokai2021   藤沢

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194





2021年10月06日

秋の活動再開:午前「松戸を知る会」、午後「松史会」を市博で例会再開へ 10/6(水)報告

 コロナ5波の制限解除、学習部会も再開しました。10/6(水)には、市博(いちはく、市立博物館)の実習室で午前中「松戸を知る会」が、午後からは「松史会」が学習会を開きました。午前中は『イラスト・まつど物語』をテキストに、"自称:松戸を知らない者の集り"として読みすすめました。来月11/3(水)には、松戸駅集合で駅周辺の徒歩見学会を予定することになってます。
  午後からの"自称:ベテランの集り!"の「松史会」は、『松戸市史下巻近世編―小金牧(こがねまき)』の輪読へ。輪読当番のTさんが、すずやかによどみなく10ページ分を読みこなして、みなさんから感謝の拍手でした。合間合間に、"文中には関係ないんですけど?…"と、浮かんだ疑問やら、体験やらの"オラの質問"へ。勝手に答えるほうも、持てる博識やら推論を吐くようにした2時間でした。11月例会は、11/3(水・祝日)13時半~。


江戸幕府の誕生の頃、冬の陣とか夏の陣の頃は、軍馬が必要だったが、太平の頃になると、房総のいくつもの牧は野生馬を売却して幕府財政へのソロバン勘定へ。「―小金牧の野馬も1639年(寛永16)、72頭は17か村・54人に売り付けられていた。江戸へ8人・15頭、小金へ22人・25頭など―」。"なんで、小金に多かったのか!?"と質問のはじまりへ。各員、"小金は水戸道中の宿場として栄えていたから、荷物運びに必要だった!"、"江戸川の新田開発がすすめられてたからだ!"、"いまだって、小金には新松戸あたりの地主なのが多いんだぞ!"、"もともと、高城氏の武士層が小金に残ったからね!"、あれやこれや。締めは、開催中の企画展『古墳時代の―』河原塚古墳・栗山古墳は地元・松戸のことですから見学してかえりましょう!と、解散デシタ。*松戸を知る会・松史会ともに毎月第一水曜です、会員募集してます。