松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書部会・みなづき古文書会・松史会・中世東国の講読会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2021年06月02日

ワクチン接種すすみだす:友の会も、田んぼは来年をめざし、歴史の2部門も学習会開催 6/2水

  運動公園でのワクチン接種に行ってきた!という声。6/2の友の会の三つの集りでも、高齢者30人中、6割の方が1回目の接種を終えた会話でした。接種が始まってほぼ1か月です。
  ★この日、午前中は、田んぼの荒れ地開墾へ、5人の会員がカマと鍬で協力(写真1)。"見た目は、だいぶよくなったが、葦・ヨシの雑草の根が残ってる!"とは、椎野"隊長"の懸念。それでも、来年は{親子米づくりはやります!?}の博物館A学芸員の嬉しい宣言も聞こえました?。
  ★実習室では学習部会の「松戸を知る会」のメンバー15人が、教材『イラストまつど物語』の➇「坂川は逆川」を講読(写真2)。{…1590年家康は利根川の治水工事にとりかかり、1629年にはいまの新松戸7丁目、栄町に新田が誕生。海抜が2mほどの低湿地帯。逆川工事の訴願から56年後、1836年国府台下の江戸川の坂川が完成…}。T会員は、"知らないことばかり、興味が沸きます!"と、館内喫茶「アジュール」でコーヒータイム。
 ★午後からは、稔台市民センターで「松史会」がありました(写真3)。『松戸市史』の近世編・{小金牧}のページへ。輪番担当のM氏が流暢に古文書文も読み下しつつ、{…慶長4・1599年3月になると、野馬守り(牧士・もくし)の者たちに、帯刀を許し、、士分として認める様になる。…石田三成と関ケ原で天下分目の合戦を行うという直前でもあった…}(p171)。10人余の集り。次回7月も稔台センターで開催し、8月は夏休み、9月例会からは市博実習室に戻ることになりました。