松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12p)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
但し、21年度は、継続会員の一般会員は1500円、家族会員は2000円とします。
◎会員数(1/1現在) 227名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194


2021年01月08日

ローバイが咲きだす香り、中世講読会は”頼朝は千葉のどこを通って武蔵、鎌倉へ?” №435

 お隣りの21世紀公園ではローバイが咲きだし、香りを放ちだしました。市立博物館は屋上工事の為、1/21(木)まで常設展示室は休室です(土・日・祝は公開)。首都圏では、1/8(金)から2/9(火)までの1か月間、二度目の新コロナ感染への緊急事態宣言が呼びかけられました。友の会では、7日に30人余で「下谷七福神めぐり」を予定していましたが、中止しました。学習部会のうち会員の多い「松史会」は、3月まで休会としていますが、10人前後の「はたくさの会」、「考古の会」、古文書の集りは会場を移したりして、例会を開きだしています。8日(金)午後には、「中世の東国講読会」が1月例会を開きました。会員の半数以下の10人が参加し、『市川市史―歴史編』の源頼朝旗揚げ後、鎌倉時代の千葉氏の盛衰を読み進みました(同書p241~p246)。
 
{…源頼朝の挙兵と房総への来訪は、間違いなく大きな画期であったことは、千田親正(ちだちかまさ)の排除と下総国府における頼朝の千葉氏への厚遇で明かである。…千葉氏をはるかに凌ぐ勢力を誇っていた上総介(かずさのすけ)広常は、頼朝によって暗殺される。これは、とび抜けた勢力を背景に、東国の自立路線を頼朝に強く迫った上総介広常を排除し、公武協調をめざす頼朝の政策だったが、房総における勢力地図を一変させる事件でもあった。…}(同書)。鎌倉時代、"150年間"、下総千葉氏"15代"の系譜の流れを読み解くことに。
 改めて、頼朝は千葉のどこらを通過して隅田川を渡ったのか?、みんな平氏なのに源氏に組しているのはどういうことか?、なんで広常は暗殺されるまで頼朝に嫌われたのか?、金沢文庫の称名寺が千葉にも影響力をもった由縁は?、千葉六党のうち松戸の風早(かざはや)氏はどの系統か?、葛飾郡に下河辺まで入るが、そんなに広かったのか?etc.。5ページ分を輪番担当のMさんがゆっくり読むほどに、各自が思い思いに質問や推理話を出し合っていきました。次回は、2/12(金)Kさんが担当で、散会しました。
*写真は➀資料として回覧『千葉氏探訪—房総を駆け抜けた武士たち』(千葉日報刊)、➁館内喫茶「アジュール」コロナ注意、③例会風景。