松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年10月25日

コロナ禍での報告:「友の会」の現状と課題・そして「博物館協議会」の動き №425

 横浜港にコロナ感染者の観光船が入港してから"GO to トラベル"までの10月後半です。二つの報告をします。

①10/14(水)午前中、友の会運営委員会が開かれました。224人の友の会会員から選出の"自前"の運営委員ら15人が集まりました。岡田会長からは、{コロナ禍 、友の会は見学会も講演会も開けず、なんのための友の会か!という危機的な状況です。新しい活動方法を見出していかねばなりません}と協力要請の発言。約1時間余、10月の千住宿への見学方法、11月の佐倉市の見学会,12/16(水)市民会館会議室での{指定文化財を通して、松戸の近現代を考える}柏木一朗氏の講演会の予定が報告されました(詳細は、11/11発行予定の『友の会会報』)。
  コロナ禍にあって、今後、スマホを利用した{動画提供による在宅見学会}や{会員相互の情報交換の場づくりを、積極的に取り組んでいこう!}という提案がありました。モニターを募集しつつ、LINEを活かした、あたらしい友の会活動、会員獲得を模索もしていくことになりました。また、今年度は、友の会活動が会報の配布程度しかできずにきたことで、来年度の継続会員数を維持することは厳しい}ということで年度中の残りの企画案とともに再度、11月に検討することになりました。(写真1)

➁10/25(日)午後から、実習室で松戸市立博物館協議会が開かれました。年に3回の学識経験者による博物館の運営への協議機関ですが、コロナ禍 で今回は1回目。約2時間、主に{博物館のリニューアル構想への説明}でした。現在、松戸市では『松戸市総合計画』という市政全体のプランの策定中にあって、博物館も{学びの松戸モデル}の柱の一環として組み込まれていくそうです。現在の1階にある「プレイルーム」と「実習室」を『親子たちの歴史体験ゾーン』に創り替え、2階の主題展示室(虚無僧寺・二十世紀梨・三匹の獅子舞室など)の一部を『講座可変性のある展示室へ』という改修案への質疑がありました。  
  10人余の委員からは、"いつ来ても同じ展示じゃ、来館者はこなくなってる!"、"展示室のものをもっと入れ替えていくようにしたら"、"中二階はできないものか"、"文化財法も改正され華道や書道も文化財になるなどプラスアルファーの発想を"、"スマホ利用といったあたらしい技術に応じた展示法を取り込みたい"etcの意見がありました。館側は、{これまでネット環境がなく、ことしからワイファイが使えるようになった!}とか、吊り天井の危険性、耐震構造上の問題、築27年改築時期、展示方法の新しい在り方、公園とホールと博物館の三者共同事業の拡大や図書館・公民館とのネットワークなどの説明が続きました。{松戸の都市ブランドの価値創出}{ICT活用PLAN}などの説明もありました。今後の博物館中長期10年計画案のうち{ターゲット戦略—新しいファン層の獲得}では、家族利用の憩いの場として利用や友の会など諸団体の交流となる仕組みづくり、学校現場との連携を謳っています。―詳細は、松戸市立博物館のネットにて、近日、議事録等が掲載されますのでご覧ください。松尾・記)