松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野/蒲生
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年10月07日

ミニ見学会報告:五香の野馬除け土手から木戸跡を歩く 10/7

 学習部会の一つ「まつどを知る会」では、10/7(水)午前中、市内・新京成五香駅に集合し、江戸時代の小金牧の遺跡めぐりを半日おこないました。部会員17人のうち13人が参加してのミニ見学会。六実駅行きのレインボーバスでクリーンセンター南側の野間レリーフ→以下、徒歩。五香8丁目の野馬除け土手→高龗(たかお)神社→五香公園の御鹿狩・将軍お立場跡碑→五助木戸跡→五香駅東口で解散。


 市内には、江戸時代の小金牧の名残りである「野馬除け(のまよけ)土手」は10年前、12か所・約1キロ弱ありましたが、宅地化・道路化はすすみ消滅が目だってきています。弥生時代に大陸から馬は輸入されたようですが、この在来馬という馬の体格は小型のポニーのような小型だったそうです。日本では馬の蹄鉄が普及したのは明治初期の陸軍創設からで、それまでは藁で編んだ馬沓だった。五香公園に「将軍・御立場」の記念石柱が立っていますが、すぐ近くの土盛りの高台をお立ち台!と間違える人がでます。現在の松飛台(まつひだい)に昭和15年、飛行場を造ったとき、「御立場」は崩され、どこにあったかは"不明"になってしまったこと。最終の見学地は、五助木戸跡へ。五香十字路を駅の方へ渡ったところ。"クリーンセンターの近くの野馬のレリーフは、立派過ぎだった!"、"松飛台に御立場というバス停がある!"、明治維新、牧のあと地に開墾事業があったが数年で解散してしまった!"とも。三密 を避けて、屋外見学会を今後も例会に取り入れていくそうです。(資料提供・松岡、案内・村上、写真・報告等・佐藤の諸氏から)