松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年09月04日

「和綴じ講座」半年ぶり再開し完成へ、『吾妻鏡』中山文人講師は政子出産の巻、『御鹿狩展』9/26~

● 9/3(木)・4(金)、博物館実習室で当会会員向け『和綴じ(わとじ)製本講座』が班別分散で開かれました。{四ツ目綴じ・康煕綴じ(こうき・とじ)」の作業を、午前・午後に分れた講習会でした。新コロナ汚染対策で、2月の裏打ち段階で止まっていた作業を再開したものです。インストラクターの応援もあり、計20人が集まりました。鳥飼成雄講師の指導を受けつつ、半年前、各自が仮板張りに張っておいた布の{表紙・裏表紙}を剥がし、"和製ブック"を作り上げました。好みの糸で綴じた和紙8枚・16頁分です。デモンストレーションとして、鳥飼講師からの、{通常の新聞紙を表・裏二枚に剥離(世界中の新聞は、二枚の紙が貼り合わせてあるのです!)するハガシ作業}を見る機会にもなりました。"用意された和紙での表紙からの綴じ方は、図面に従っていけば、なんとかなることでしょう。が、紙でなく布地で裏打ちまでするとなると大変な技巧なのでしょう。掛け軸までの表装の技術を見せていただき、素晴らしい機会になりました!"と、参加者からの声がありました。(写真1)
●もう10年を越す、毎年秋恒例の中山文人学芸員による『吾妻鏡(あずまかがみ)を読む』講座は、ことしも9/3(木)からスタートしました。一般市民向けの講座ですが、当会会員も数名参加してます。コロナ対策のなか、女性センターで夜6:30~8:30の二時間、約30人の中高年が熱心に聞き入りました。今年の5回シリーズは、1182年治承6年8月の源頼朝の妻・御台所である政子の出産の巻から。出産前には安産を祈り、主だった武将の息子たちが伊豆山や箱根・相模・武蔵・上総・下総等の神社仏閣へ安産祈祷へ派遣された。出産後の若君誕生(のちの頼家)には、有力御家人・親父たちがお守り刀を、他の武将からは計200頭の馬を献上したとか。出産祝いは七夜儀、九夜儀と続く。同時代の貴族の日記『玉葉』を引用して、当時の出産をめぐって比較もされた。隔週木曜夜、10/29まで読みすすめられていきます。(写真2)
企画展と講演会: 博物館の企画展『松戸と徳川将軍の御鹿狩(おししがり)』は、9/26(土)~11/15(日)まで企画展示室で開かれます。月曜休館。一般310円。―徳川吉宗は広大な小金原のうち、今の松飛台付近で、多くの武士と農民を動員して、鹿やイノシシなどの野獣を狩る御鹿狩を行った―。古文書・絵図・浮世絵・在来馬のはく製・弓矢・鉄砲などの資料から、計4回の御鹿狩を考えます。
講演会—無料です。事前応募です。➀10/11(日)「将軍御鹿狩後始末―狩後の将棋運と獲物の行方」高見澤美紀氏(國學院大學兼任講師)、森のホール、100名。9/15から10/1受付。②10/24(土)「祝祭としての御鹿狩」椿田有希子氏(横浜市立大学常勤講師)、森のホール、100名。9/15から10/13受付。③11/1(日)「さまざまな御鹿狩資料」富澤達三学芸員、博物館講堂、40名。9/15から10/15受付—当会との共催事業です。 いづれも,13:00~15:00、事前申し込み:博物館ホームページか往復ハガキ(1人1名)・行事名(各行事ごとそれぞれに!)〒270-2252 松戸市千駄堀671 松戸市立博物館 問合せ☎047-384-8181。