松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年07月23日

会員からの近況:栃木県鹿沼へ 『おくのほそ道』三日目の地、古峯神社には天狗の面ー平野正敏会員

 久し振りに一泊旅行で、栃木県鹿沼(かぬま)へ行ってきました。東武日光線の新鹿沼駅(特急停車)で下車。駅構内にチエーンソーアーテイスト・小林哲二さんの『松尾芭蕉像』が置かれていました。芭蕉は『おくのほそ道』の道中、千住を出発し、三日目に鹿沼に泊まったと書かれています。「入相の鐘も聞こえず春の暮」と詠んだとのこと。駅前広場中央には岡本太郎の『夢の樹』が置かれていました(写真1)。彼と鹿沼市にはどの様な関係があったのか知りませんが。
  
 駅前からバス1時間で古峯(ふるみね)神社へ。天狗の宿として知られ、火防・盗難除けの神の使者として、天狗の面が奉納されていました。茅葺の立派な神社でした。神社前には宿坊も沢山あり、蕎麦屋が沢山ありました。ここで昼食をとればよかったと思った次第。当神社には、講組織をもち、交替で代参を行う講中があり、崇敬者は二百万を越すと言われています。神社境内には大小いろいろな大天狗、烏天狗面が奉納されています。大天狗は、素材は欅で、顔の長さ1.8m、鼻の高さ91㎝、重さ134㎏。欅の心去(しんさ)りを用いて、一刀彫りで奉製されたもの(奉納の天狗例・写真2)。雄渾な素彫りのなかに温和な容貌を秘めた金箔、漆・群青・緑青・めのうなどの極彩色。江戸時代の作と推定され、昭和57年に化粧直しを行ったそうです。
 
 古峯神社に隣接して立派な日本庭園がありました。「古峰園(こほうえん)」と呼ばれ、山々に囲まれた回遊式庭園になっています。池、滝、茶室、菖蒲園が設けられ、園内は良く手入れされ、四季折々楽しめる庭園です(写真3)。入園料は300円。古峰神社へはJR日光線の鹿沼駅からもバスが出ています。鹿沼市の人口は9万5千人、今宮神社には次回としました。 ―文・写真、平野正敏・会員("後日、膀胱結石の除去手術で入院しましたが、通常の生活に戻れました、天狗さんの御利益かもしれません"、とのことです―編集人