松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年06月21日

近隣館情報:5館から―市川博友の会・国映アーカイブ・茂木本家美・文京森鷗外館・エークワッド再開へ 

松戸市立博物館『友の会会報』は隔月発行し、近隣館情報として別紙で毎回30館ほどの紹介『近隣館情報』を付録としています。新コロナ感染防止のため、1月号以降、友の会報も停止してます。休館中も全国博物館・美術館から、ご案内をいただいております。ここでは、当友の会あてにいただいた5館からの、おたよりを紹介します。情報、ありがとうございます。
 
市川博物館友の会―博物館は6月から通常通りの再開、講堂での行事は8月末まで中止。第46回定期総会は、博物館閉館中のため183名の会員へ郵送により、新年度活動の承認を得ました。民俗部会「北総線沿線の城跡を訪ねて」・講演会{市川の年中行事}は中止、拓本部会体験学習{表装}8月予定。講座「続日本記」・「日本霊異記録を読む」の年間講座は再開検討中。―6/9付№441から

◆国立映画アーカイブ―新年度の年間案内。映画俳優・女優生誕100年として、➀10/2~10/22三船敏郎、➁11/17~12/11原節子、③12/12~12/27山口淑子(李香蘭)。~9/6「松竹映画の100年」、秋にアメリカ映画の特集、1月中国映画の全貌なども予定。月曜休み。八重洲南口10分。☎050-5541-8600。

茂木本家美術館―企画展「国芳のダジャレと謎解き木曽街道」は7/5まで。9/9~10/25「広重 東海道タテヨコ五十三次」。予約制です。一般700円。野田市野田242。☎04-7120-1489予約。

文京区立森鷗外記念館―再開してます。~8/2コレクション展「父と母―鷗外のファミリー・ヒストリー」、~7/26特別展「森家の歳時記―鷗外と子どもたちが綴った時々の暮らし」。『館報ニュース30号』は,展示内容・鷗外自筆原稿「豆打」・荷風「日和下駄」朗読報告etc,を紹介。第4火曜休館。☎03-3824-5511。

(財)ギャラリーエークワッド―7/9~9/17 レンズ付フィルムによる写真展「100+20人の東京2019-2020~south編~」。市民目線を通した東京の心に残る建築や風景を撮った作品です。9/4金、18:30~シンポジウム{100+20人の東京}への参加者募集、木下直之(静岡県立美術館館長)・土田ヒロミ(写真家)のお二人です。同所・竹中工務店東京本店:江東区新砂1-1-1。無料。☎03-6660-6011。土・日・祝休み。