松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年05月17日

図書館・博物館の開館へ期待高まる:秋のイベントプランです

新型ウイルスの対応で、自粛の継続が続いています。感染の低調化に、図書館や博物館の開館が全国的にすすめられてきました。当、友の会では、4月の大磯を歩く・5月の浜離宮と築地を歩く・6月の筑波山とJAXAへのバス旅行を中止したり、総会記念講演会も取りやめて来ています。それでも、はやい再開をめざして、準備だけはすすめております。⇔追伸:市立博物館は6/2火曜から、一部公開となりました。主題展示室(有料)・館蔵資料展「郷土玩具―人と動物のかたち」(無料,6/14まで→6/21までへ延長)を開館です。

 見学会(会員向け)として、            →すべて、中止です、再検討中です。
 9/20日 赤坂氷川祭礼と大名庭園を歩く
10/15木・22木 日光街道千住宿を歩く
11/17火 6月予定の筑波山とJAXAへのバス旅行
12/1火・5土 城下町佐倉の探訪

学芸員による共催講演会(市民にも)として、予定・企画がありましたが、市立博物館ではすべて中止・延期となりました。
7/12日 常盤平団地60年の生活史・青木俊也さん
11/1日 さまざまな御鹿狩資料・富澤達三さん
11/22日 旧石器・縄文時代人と石の文化(仮題)・大森隆志さん
12/6日 戦国時代・松戸まわりの四方山噺(よもやまばなし)・中山文人さん
などが予定されていました。今後の再開が期待されます。

 学習部会も6月中までは中止です。再開は、当欄や『友の会カレンダー』ブログにて、ご確認ください。