松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 249名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2020年02月11日

「小金城」と「根木内城」資料展3/22まで。見学会2/29(土)会員向・市民向3/15(日)は中止。

 現在、松戸市立博物館では{「小金(こがね)城と「根木内(ねぎうち)城」}に関する、資料展を開いています。常磐線小金駅の南側には、根木内城"歴史公園"が、北側に小金城"歴史公園"があります。
どちらも、戦国時代、北条氏に仕えた高城(たかぎ)氏の居城だったところです。説明文には{小金城の完成は、16世紀ではなく、15世紀後半頃で、根木内城と同時期とみなされます。天文7(1538)年の第一次国府台会戦での勝利からほどなく、小金領と小金城は原氏から高城氏へ譲られたようです。…}とありました。先に、根木内城が造られ、後に、小金城が造られ高城氏は移ったということではないようです。
浄土宗関東18檀林の一つの東漸寺(とうぜんじ)も、かつては、根木内にあり、後に小金の現在地に移ったと云われています(東漸寺)。


今回の資料展では、両方の城跡の地形図・模型図や発掘物が展示されています。木製物は腐食して残らないなか、土器類は破損されても国内各地・中国製品からの産品であることがわかります。『酒飯論絵巻(しゅはんろん・えまき)』という戦国時代の絵巻を拡大して、出土品とを対比して紹介。
上杉謙信が越後から来襲したり、安房から里見氏が攻めて来た抗争時代にあって、当時の『西原文書』(にしはら・もんじょ)・『豊前氏古文書(ぶぜんし・こもんじょ)』からは、緊迫した様子が示されています。わがまち松戸市域の戦国時代を、出土遺品と古文書から"考古遺跡と歴史文書との資料展"を、わかりやすく図解
とかく考古学と歴史学が別々になりがちな資料展を、立体的にて紹介しています。すでに、会場内で説明会がありましたが、予想を超える多くの参加者でした。今後の予定:会場説明会3/22(日)14:00~40分間、直接、会場(入場料)においでください。野外・現地見学会は、友の会員には2/29(土)流山電鉄小金城趾駅改札口集合12:30~16:30、無料。申込2/15まで、往復ハガキにて受付中、当会宛て


本件はウイルス感染拡大のため中止します。2/28付。一般市民の方には、3/15(日)同じ要領で行います、webか往復ハガキで2/27まで、博物館宛て、40人、抽選です→*一般市民向け行事はウイルス感染の恐れで中止します。なお、友の会会員の新年度会員・更新を受付中です、イベントの際や講演会でも受け付けていますので、2月末日までにお払込みください。3月会報発送時(3/10予定)に会員証もお送りします。