松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年11月04日

{モリヒロの賑わい応援}と{eco生活事始め}講演会終わる

11月初めのイベントを二つ報告します。ことしも、21世紀公園で{モリヒロフェスタ}がにぎやかに11/2・3・4の三日間開かれました(写真1)。天気に恵まれ、家族連れから若者たちの"ラーメン党"が並びました。友の会でも、博物館と工芸館で、"昔の遊び"の{竹馬・コマ回し、ブンブンゴマづくりやからくり屏風・パタパタづくり}を開きました。約20人のメンバーが文化の日、終日、子どもたちに楽しんでもらいました(写真2)。ボランティア・インストラクターとして、新たに5人が事前研修を受けて初登場としました。"昼食時間も一杯で、追われました!"と、教えるムツカシさと楽しんだ、"心地よい体験"となりました。また、11/4(月・休)には博物館講堂で、上守秀明(かみもり・ひであき)氏(千葉県教育振興財団)による「ECO生活事始めの世界」(エコ生活ことはじめの世界!)と題した講演会がありました(写真3)。約60人の考古学フアンが集まって、房総の縄文人たちや江戸時代の資源の使いまわし≒循環型社会の実例を学びました。博物館で開催中の同名の企画展の解説会でした。{房総半島では、石器を製作するのに適した石材が乏しく、縄文人(それ以前からも)は遠く離れた原産地から調達せなばならなかった。貴重な石材は再加工や補修などして、資源を有効に活用してきたのです。大型石刃がだんだん小石刃に加工されていった実例}として、発掘出土の遺物の紹介へ。{土器がカマド材料に転用されていたり、古墳時代の堰に建築用材の廃材が使用されていたり…}と、考古学の成果を、新しい切り口で示めされました。なお開催中の『eco生活事始め―考古資料から見た上手な資源の使い方』展および同時開催中の『縄文貝塚・貝の花遺跡』展は今月24日(日曜、ともに無料)が最終日です。