松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年10月01日

近隣館情報ジャンル別:『eco生活事初め』・『縄文文化の頂点』・『埼玉古墳群』など開催へ

各館・団体からの情報をいただきありがとうございます、ジャンル別でお知らせします。:通史ec o(エコ)生活事初め』10/5~11/24、旧石器時代から近世までの出土品を通して、資源を上手に使った生活を展示。配布パンフは考古学の案内資料になるシロモノおすすめ。無料。松戸市立博物館。11/4(月・休)13時~本展関連の講座・上守秀明氏講演、当日講堂先着80名、無料、写真1。また、同時開催の館蔵資料展『縄文貝塚・貝の花遺跡』もご覧ください、写真2。『どうぶつの考古学―あにまるず』9/7~11/17、月曜休館。縄文時代から古墳時代の動物造形品や角や骨で作った道具など。福島県立博物館☎0242-28-6000。縄文時代『縄文文化の頂点』10/2~11/24、山梨・長野の中部高地に縄文中期の遺産。600円。休館日注意。山梨県立考古博物館。☎055-266-3881。『ワンダフル ジャニーズ―星降る八ヶ岳山麓の縄文世界』7/9~11/24。八ヶ岳美術館・富士見町井戸尻考古館・北杜市考古資料館。『縄文の国宝―笹山遺跡出土品国宝指定20周年記念シンポジウム』11/9(土)、13時~要予約300名。十日町市博物館☎025-757-5531。『ハート形土偶大集合―縄文の形・美、そして岡本太郎』9/28~12/1。600円。月曜休館。群馬県立歴史博物館☎027-346-5522。古墳時代『埼玉古墳群―副葬品から探る被葬者像』9/14~11/14、200円。月曜休み。国宝金錯銘鉄剣・馬甲冑・柄頭・銅鋺など。埼玉県立さきたま史跡の博物館☎048-559-1181。『龍角寺古墳群とその時代』10/12~12/8。古代下総国の「印波(いんば)」の有力豪族の古墳群。300円。月曜休館。千葉県立房総のむら☎0476-95-3333。『常陸の玉作り・武者塚古墳出土品』10/19~12/8。105円。月曜休館。メノウ製の勾玉の工房跡と前期古墳からの玉類。上高津貝塚ふるさと歴史の広場☎029-826-7111。『今甦る!琵琶湖に君臨した王・雪野山古墳』10/4~27。無料。前方後円墳。近江で先駆的に中央政権と関係した武人の墓。「卑弥呼の鏡」といわれる三角縁神獣鏡。明治大学博物館☎03-3296-4448古代→『古代東海道駅伝展』10/5~11/24、浜松市の伊場遺跡群は100点をこす木簡が出土。駅・駅伝とはどのようなものだったのか。浜松市博物館☎053-456-2208。