松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)等が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報等が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学ぼう。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年09月06日

一歩前へ、各講座始まる:松戸の一本橋って!、治承4年の以仁王文書の行方!、初歩の朗読へ!

 令和元年の秋です。そのつもりになると、いろいろチャレンジの機会が手軽に、安く、あなたの意欲を待ってます。3例を紹介しておきます。➀は、当会の学習部会「松史会」の9月例会は、『松戸市史の近世編』-江戸時代初期の水田開発でした。②は、博物館事業の古文書講座『吾妻鏡(あずまかがみ)』。中山文人学芸員による6回講座。③は、初級の「朗読講座」。成人学級や流通経済大学との連携講座で人気の松戸市教育委員会生涯学習推進課課の秋の全30講座のひとつ。以下、さわりの一部紹介と報告です。➀江戸初期の新田開発―{小田原北条氏の滅亡から既に十数年を経ていた頃、当時の松戸市周辺の農村では、慶長10年頃、江戸川と中川の間に広がる低湿地地帯の用水路開さくが始まり、水田開発が活発化するようになる。…{(遅れて、江戸川左岸の湿地帯の開発も始まるが)下谷耕地の地形は、一本橋辺り(現・栄町~日大松戸歯学部の裏)が最も低く、海抜2メートル以下を示し、ついで南へ流れる坂川周辺が低い。大谷口新田の3m以下との差は"1m以下"である。流差と冠水}―どこの誰が、どうして、カネは、配分は?。30人余の会員で、ワイワイの質問の仕合いデシタ。写真2。➁中山文人・松戸市立博物館学芸員の4年ぶり再開の、鎌倉幕府『吾妻鏡』古文書の6回の講読会。今回から、"延々と、理屈ぼい解説というのはヤメにして、意味・大意をとることを大事にする"と。用意されたA4/10枚のスタートへ!。約20名余り、この日は治承5年(1182)5月19日の項を、各自、一旦、ノートに転写し―{蔵人の行家が、平家追討を秘かに、美紙10帖・八丈絹2丈を添えて、伊勢神宮に祈念させた}を読み下しへ。蔵人とは?行家とは?八条院とは?、すべて漢字の原本の合い間に状況説明や人物紹介、古文書のノウハウが豊富に、軽妙に語られていく。隔週水曜夜、女性センターで11月まで続く。当会から4会員の参加。写真1。③4度目となる『初歩の朗読講座』。4年前は90人を越す応募者だったが、今回は新規応募者は20人弱。昨年の受講生10人余が『まつど 朗読と読書の会(MRD)』を結成し、1年後、今回のテキストの「蜜柑(みかん)」と「桃太郎」(ともに芥川作品)を披露し裏方へ。須藤美智子先生から、アイウエオアオの発声練習。そのあと、作品講読へグループに分かれた。「大きく、ハッキリ、お腹から、聞くひとがわかるように語るのですよ!」と、指導が入る。あと2回、最後には、自分たちも朗読発表者となります。当会から2人の会員参加です。写真3.