松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する親子体験教室への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催します。「まつどまなびぃネット」・会報で募集・結果を紹介します。
(1)学習部会に入会して楽しく学びます(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会・まつどを知る会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3回・徒歩5回、会員優先)に参加し、市内外の史跡、遺跡を訪ねる。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催・共催する講演会に参加し、知識を広めます。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・12ページ)・近隣館情報が届き、「ネット」(週1回)掲載。会員は学習成果の発表・こだわり趣味・情報交換を披露できる。
(5)児童の米づくり・昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加し、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年06月11日

ニュー部会「まつどを知る会」17人でスタート、「裏日光バス見学会」に41人参加 №.335

 *6/17(月)~6/24(月)松戸市立博物館は臨時休館です、6/25(火)から再開です(燻蒸・くんじょうのためです)。 
  5月の総会後、二つの行事を報告します。
 6/5(水)午前中、博物館実習室で、新しい部会『まつどを知る会』が発足しました。すでに『松史会(松戸歴史学習部会)』が、10年余、松戸市立博物館ガイド本、『松戸の歴史案内』(松下著)、『松戸市史』の講読へと、深まる学習内容と見学会が人気となって、例会を重ねてきています。実習室の定員30人を越すことになり、今回、新規会員を中心に新たな部会が発足したものです。
 この日、男性9人、女性8人の計17人のメンバーで{松戸の地形・歴史・文化を初歩的な疑問から知る}グループが誕生したことになります。会員番号では800番~900番台と最近入会の方々の参加が目立ちました。{勉強よりも仲間づくりが第一}{勉強が目的でなく手段であって、仲間の交流が目標!}ということでスタート。秋になってから、講読本を決めて今後すすめていくそうです。グループ活動として継続が期待されます。
  一方、バス見学会{裏日光を巡る―神々が宿る明媚な}も実施されました。日光といえば、世界遺産の有名なエリアが浮かびますが、今回は、{穴場スポット―裏日光へ}悠久の歴史と風光明媚な自然いっぱいの、隠れた聖地を40人余で歩きました。午前中は、奈良時代、勝道上人が建てたといわれる「本宮神社」・「四本龍寺(日光の始まり)」へ。そこから、新緑に満ちた石の道を、両脇に築かれた石垣を見ながらの森林浴へ。
 昼食「栗おこわ葵御膳」で元気回復して午後の行程へ。中禅寺湖から華厳の滝を経て出る、大谷川の奇勝「憾満ケ淵」と「化け地蔵」のミステリーゾーンへ。大谷川の動と石仏の静の妙。そして「日光田母沢御用邸公園」へ。大正天皇をはじめ三代にわたる天皇・皇太子がご利用された。ここで全員の集合写真をパチリして、見学しました(写真1)。参加者からは、"新緑の日光を楽しめた""このような日光を見たのは、初めて"という声が多かった。"当初の予想を上回る、好評な結果になって、事前の計画者としてもうれしいです"とも。       (記:蒲生・福島)