平成30年度 生涯学習推進課 家庭教育学級

2018年12月11日

根木内小学校学習会(概要)「戸定邸見学会」

1.開催日    11月20日(火)         
2.会 場    戸定邸         
3.学習会名  戸定邸見学会         
4.開催目的  知識と教養を身につける         
5.講 師    戸定邸ボランティアガイド         
6.参加人数  10人      
7.学習内容
・水戸藩最後の藩主(11代)であった徳川昭武が戸定が丘に建てた戸定邸を見学しました。                 
・庭園は戸定邸の座敷開きを行った明治17年から本格的な造園が始められ、2度の拡張を行い完成しました。2015年には国の名勝に正式に指定されました。                                                         
・戸定邸の見学は、表玄関から入り、使者の間・内蔵、二の間から客間を見て御居間(八重の間)に入ります。その後渡廊下を通って湯殿、そして最後に離座敷(秋庭の間)となります。各部屋にある欄間や襖もとても繊細で驚きました。 
・ガイドさんに案内していただきながら、徳川慶喜と昭武の関係性や暮らしぶりなど色々と知ることができ、勉強になりました。    
8.感 想
・築130年でも。あの3.11の地震に耐えられる造りになっていることに驚きました。ガイドさんの話では、あと500年は大丈夫という話でさらに驚きました。                          
・1本杉や1枚板を使ったりと質素ではありますが、贅沢な材料を使っていて、さすが徳川家だと納得してしまいました。
・庭園開放日だったため、庭に下りて秋の紅葉を見たり、高台からの松戸市の景色を見ることができ、とても気持ちよく散策できました。
・次回は歴史館にも行って、もっと歴史を知りたいという声をたくさん聞きました。