ご近所探訪

当会は市の公民館講座、生涯大学を終えた仲間と27年度から立ち上げた会で、下記のような活動をしています。
①「ご近所探訪・地域に学ぶ」・・・会員87名(毎月の行事案内をだす方150名)  (ゲスト参加も可)
 松戸市内はもとより、近隣の地域、都内を月1~3回訪れ歴史、史跡、文化、自然を学習します。
 松戸の良さ悪さも発見でき、地域の方との交流もありPRも出来て楽しいです。 
 引率、講師はスタッフが学習し担当します。 特に都内や近隣地域の行事が人気です。

②《松戸宿の今昔物語》・・・メンバー5名 
 今年も生涯学習課のご支援の下講座を開催予定です。先ず今一度原点に戻り松戸宿を学び直し、春の講座として6月に開催を
 予定しています。今回は昭和になってからの松戸宿もテーマに取り上げたいと思います。
  1回目は昭和になってからの松戸宿にお詳しい方の講演を考えています。ご期待ください。
  
③ 『松戸の歴史案内』松下邦夫著 勉強会、・・・・メンバー9名
  絶版のためプリントをし輪読します。毎回参加者が関係する資料や話題を持ち寄り、語り合います。 
  □毎月第2水曜日 10時から12時半 明市民センター 年会費1000円(資料・会場費代)
  
    
 ◇ご興味を持たれ、仲間に加わってご一緒に学び楽しみたいと思われる方は下記にご連絡ください。
                       連絡先  携帯☎ 080-1152-1427 村上雄一郎

2019年02月02日

「ご近所探訪・地域を学ぶ」2月の行事ご案内 

  「ご近所探訪・地域を学ぶ」 2月のお知らせ  
   ☆4月からの新年度会員の募集をしています(会員がお得です)
皆さんへ          
2月は1年の中でも一番寒い時期です。ウインタースポーツで汗をかく人もいるでしょうが、私共にはきつ過ぎます。せめて街中を歩き、歴史を訪ねながら、真冬にしか味わうことができない「今」を満喫してはいかがでしょうか。
また今月は松戸博物館、友の会の室内の講座が2つあります。「幕末の水戸藩と松戸」は今年予定している幕末の松戸の歴史に関わる“赤報隊„の行事の参考のためにも是非お勧めします。

1.『江戸落語を楽しむ会』・・・主催・松戸市博物館・出前講座
出演者 月の家小圓鏡師匠と 講演「江戸と落語」富沢学芸員
日 時 2月3日(日) 14時~16時  定員200名 当日先着順(13:45開場)
場 所 松戸市民劇場 参加費 無料

2.『新宿御苑で早春を楽しむ』・・・・主催・ご近所探訪・お勧め必見のコース
 落葉した木々の枝先では、つぼみが春を待ちわび芽吹きの準備をはじめています。ロウバイ、梅、寒桜、
水仙(ペーパホワイト)、福寿草、マンサク、ジャノメエリカ・・講師の鈴木晴美先生と冬景色に彩りをそえる花々をお楽しみください。
また、冬になると新宿御苑の大小さまざまな池には、たくさんの野鳥や羽を休めるカモの仲間が集まります。この冬バードウォッチングにチャレンジしてみませんか! 
そのほか内藤新宿の歴史や周りの史跡など見どころいっぱいです。
 日 時 2月20日(水) 10時 東京メトロ丸の内線新宿御苑前1番出口 15時頃解散予定 約7キロ
 コース 大宗寺~四谷大木戸跡~内藤新宿跡~新宿御苑~天龍寺~新宿駅
 参加費 @300 :(ゲスト=会員外は+@200)+御苑入園料@200  苑内レストラン又は弁当、敷物各自持参  
  
3.「幕末の水戸藩と松戸」・・・主催・松戸市博物館
  江戸と水戸を結ぶ水戸道中。幕末期、松戸宿・小金宿を慌ただしく往来した水戸藩ゆかりの人々の姿を通して、明治維新を
 考えます。
 日 時 2月24日(日) 13時~15時 
 講 師 柏木一朗学芸員
 場 所 松戸博物館講堂  当日 先着順 80名、 参加費 無料

4.『湯島の観梅と史跡を巡る』・・・主催・ご近所探訪・お勧め必見のコース
 日 時 2月27日(水) 地下鉄・湯島駅3番出口10時集合  15時ごろ解散予定 約7キロ
 コース 旧岩崎別邸~湯島天満宮(観梅をたっぷり)~霊雲寺~妻恋神社~神田明神~銭形平次の碑~湯島聖堂~昌平坂~
      聖橋~御茶ノ水碑~明治大学博物館~他
参加費 @300 :(ゲスト=会員外は+@200)+@200(岩崎庭園)  昼食は食事処で各自
                                                                    以上
 全て事前申込制     連絡先 080-1152-1427 村上雄一郎