松戸街道を往く

今まで水戸街道、鮮魚街道、松戸の地名、坂川の研究、松戸の寺社に関する研究は多くの方がされてきました。
そこで私たちは「松戸街道を往く」をテーマに選定しました。グループ分けした5グループが各2人ずつで下記のテーマに取り組みました。
①松戸街道はどのような変遷をたどって現在のルートになったのか?
②街道沿いの神社仏閣にはどのようなものがあるか?それらができた由縁は?
③この地域に及ぼした災害と、その影響。
④里見八犬伝で有名な里見氏と北條氏が戦った国府台の合戦とはどのようなものだったのか?
⑤沿線の歴史に深く関わった人々と現代に生きる工芸家など
調査・研究に当たり文献の調査、現地踏査、関係者へのヒアリング、メンバーの討論等を行ってきました。班活動は毎週水曜日ほぼ休みなく続けました。矢切の石原修様(やぎりの話、続やぎりの話著者)、西蓮寺住職の城光寺信顕様、市川歴史博物館・菅野洋介学芸員からの貴重なお話をはじめ、お訪ねした現地でお会いした人々に大変お世話になりました。
この成果を基にメンバー全員で市民の皆さんにお伝えしていこうと思っています。

2018年06月04日

平成30年秋の活動予告

今回は『矢切台地とその周辺』をテーマにルートを辿りながら会員が学習してきた次のようなことを説明し、案内することを予定しています。

1日目 10月4日(木)10:00 矢切駅バス停集合 矢切・国府台地区散策 約2.8km
水上勉石碑・巡礼塔・栗山浄水場配水塔・栗山古墳・柳原水閘・藤袴群生地・里見公園(明戸古墳・市内最高点・夜泣き石・国府台合戦・紫烟草舎・羅漢の井・辻切り)・式正織部流茶室・法皇塚古墳
2日目 10月11日 (木)10:00 JR東松戸駅前集合 矢切東部地区散策 約4.6km 
斎藤邸・国分川分派場・高橋工業所・胡録神社(松戸氏宅・三匹獅子舞)・二十世紀公園
3日目 10月18日(木)10:00 松戸駅市民ギャラリー前集合 外環沿い散策 約4.7km
納屋河岸・松戸神社・浅間神社・神明神社下道標・上矢切南台遺跡・千葉県生涯大学校園芸教室・新旧国道交点・大川原ハーブガーデン