牧馬会

「牧馬会(まきうまかい)」は平成24年度ふるさと発見創造講座の受講生が結成した会です。
周辺の市町村に比べ特に都市化の進んでいる松戸に、むかし牧場があって多数の馬(野馬)が放牧されていたことを知り、その牧はどういうもので、なんのために野馬が放牧されていたのか、そしてその野馬はどこへ消えたのか、という疑問からスタートしました。
会の仲間はただ歴史が好きな人、現地案内の得意な人、聞き取りが上手な人、交渉ことがうまい人、そして馬(競馬?)に詳しい人などなど。

2018年09月19日

散策 じゅんさい池~里見公園

  散策 矢切駅10時→ 蕙菜池→ 里見公園

 じゅんさい池
   国府台と国分の間に深く入込んだ古くからの沼があります。これを国分沼と言いましたが、沼にじゅんさいが沢山生えて
   いたことから、じゅんさい沼と呼ばれるようになりました。
   公園の正面近くに姫宮と呼ばれる小さな祠があります。これは室町時代に国府台合戦で敗れた里見氏の姫宮が、
   じゅんさい池に若き身を投じたので、その亡骸を祀ったものと伝えられています。
   市川市では公園の名に相応しく、蕙菜の栽培につとめています。
       三月初旬  梅まつり  紅白の梅林が130本
       四月           30本
       「登龍庵」  園内茶室 (無料)
 里見公園
   市川市国府台にある市立公園。春の花見の名所として知られる。面積 8,2ha  江戸川の流れを見下ろす高台にある。
   15世紀 この地に太田道灌が仮陣を置き、弟の太田資忠らが国府台城を築いた。 その後16世紀に里見氏・後北条氏間で
   2度にわたる国府台合戦が戦われた。
       北原白秋の旧居           「紫烟草舎」  
       弘法大師発見と伝えられる湧水  「羅漢の井」
     
   しばらく雨模様が続いていましたのに、すっかり晴れ渡り残暑の中、少し秋の気配も感じる一日でした。
   野馬土手を少し忘れ、およそ2か月振りに散策に出かけましたが、思いも寄らず坂道の多い歩きで何と帰宅すると15,000歩!
   男性群はビールのおかわり   おいしかったでしょう!!                  (ひよっこ通信)