松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年01月10日

最新の会報:チバニアンへのバス見学3/14・『和綴じ』『篆刻』開設へ募集!

  『友の会会報1月号』(107号)を発行し、配布中です。入会をご検討している方にも、活動資料とともにお送りします。なお、平成31年度の会員更新の時期となりました。ことしの「見学会計画表」とともに、「払込取扱票」も同封してあります。
   今月の主な掲載内容―
◍謹賀新年/岡田啓峙会長・高田多規夫副会長・望月幹夫博物館長・堤和子次長、
◍〈ひとこと〉新たな『昔のくらし探検」にむけて・青木俊也学芸員。
◍バス見学会報告{彩色壁画の虎塚古墳・岡倉天心ゆかりの地}11/1}増田寛市・「五浦海岸・虎塚古墳を訪ねる」福島實、
◍徒歩見学会{城下町"岩槻"を歩きました。12/7・12/13}蒲生誠一郎・「城下町岩槻を歩く」中野正一。◍活動報告「松戸の治水の歴史を探る—坂川・新坂川・坂川放水路」松尾健二。
◍参加者募集(会員限定)➀バス見学会「いすみ鉄道で行くチバニアン・大多喜城の時代」3/14木曜、5000円、7:30JR西船橋駅改札口。45人。2/21締切。
②徒歩見学会「小江戸情緒あふれる蔵の街"とちぎ"を訪ねる」3/27水曜、500円、9:30栃木駅改札口。35人。2/28締切
◍学習資料展「昔のくらし探検」1/12~2/24。◍昔のくらし体験教室(友の会の協力)—桶をかついでみよう・風呂敷をつかってみよう、土曜ごとに交互で体験協力。
◍会員からの特技申告者の募集:『和綴じ』・『篆刻』製本・製作の開設へ。
(写真は、咲き出した菜の花・千駄堀菜園、会報1月号、発送作業です)