松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年08月13日

親も楽しむ米づくり:小学生学芸員、案山子づくり(かかしづくり)10-4

 8/11(土)、炎天下のなか、親子6組13名と友の会メンバー10名、博物館より3名、総勢26名で4回目の集合。{案山子(かかし)づくり}と田んぼの網掛けでした。子どもたちの案山子づくりは、実習室で行われ、友の会の女性陣がその指導に当たりました。子どもたちと一緒に、2体の案山子を作り上げました。いつもだと、胴体と頭部とそれぞれを作るのですが、今回は、胴体と頭部は事前に博物館スタッフで作り、子どもたちは着物を着せたり、顔を描いたりする作業をすることにしました。時間がかかり過ぎるのを避けました。一時間足らずで、鳥もカラスも驚き逃げそうな案山子を完成させることができました。一方、友の会の男性陣は、先に田んぼへ移動し、周りの草刈りと田んぼの草取りでした。涼しいうちにやってしまおう!と意気込んだものの、何分にも、炎天下の作業で、10分ごとに休憩をとり、水分の補給をしながらでした。その作業が終わったところで、子どもたちの保護者が田んぼにやってきて、田んぼへの網掛け作業へ。いつものことで、折り畳まれた網がなかなかうまくには開かず、てこずっていました。そこはベテランの腕、友の会会員が手助け、なんとか田んぼ一面を覆うことができて、思わずホッとする。10時半ころ、子どもたち、完成させた案山子を得意満面になって田んぼへ担いでやってきました。参加者全員で案山子の前で記念写真そして、田んぼの中に、案山子を立ててきょうの作業を終えました。稲はことのほか順調に成長しており、稲穂も垂れ始めており、このままいけば豊作まちがいなし!!・??と。美味しいお米が食べられそうです。次回は、9/22(土)の{稲刈り}です。炎天下、ご老体にムチ打ち、汗を流して頂き大変お疲れさまでした。写真:佐藤友保(会員)、インストラクター・担当・椎野さんから