松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年01月16日

『フジタ(藤田)ツグハル(嗣治)と板倉鼎(かなえ)・須美子ーパリの画家』聖徳大学博物館 3/16まで

 昨年秋に、フジタツグハル(藤田嗣治)の美術展が上野・東京都美術館で開かれました。その、エコール・ド・パリの{ツグハルと松戸ゆかりの板倉カナエ(鼎)・須美子}の3人の絵画展が、1/16水~3/16土、地元・聖徳大学の聖徳博物館で開催されだしました
   わずか5・6点づつの、コンパクな展示ですが、あまり、絵画に縁がない方にも、是非、おすすめです。教室程度の空間の中、作品のひとつづつを眺めているうちに、この作品はどこがウマイのだろうか!とか、この作者はいつの時代のひとなのだろうか!、知っている画家ゴッホとかセザンヌとは、どこがつながるのだろうか!絵ってなんだろう!日本人がどうしてパリまで絵画を学びに行ったのだろう!etc.ゆっくり、クエスチョンが湧いてきます!。
   一回りしながら、自問自答していくなかに、忘れていた、幼なごころもあれやこれや沸いてくるでしょう。急ぐことはありません!!。無料ですし、女子大のキャンパス、年度末の女子大の雰囲気。平日、大学入門口(松戸駅東口・イトーヨーカードー5Fから通り抜け、大学通路へ)で、一声かけること。 
   なお『友の会の近隣館情報』では、会報付録で2か月ごとのイベントを紹介してきています。1/20までの東京都美術館での『ムンク展―「叫び」来日』も、12/19水・1/16水は65歳以上無料のご案内をしました。紙面の関係で美術展・絵画展関係の省略が多く、各館には申し訳ありません。今後、本メールでは、美術系の御案内も積極的にお知らせしていきます。写真のローバイは金ケ作の育苗園から。(友の会ネット担当)