松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年10月24日

会員からの報告:富岡製糸場と{上野(こうずけ)三碑}の紹介 №295.

 仲秋、富岡製糸場へ行ってきました。行きはJR柏駅乗車、高崎駅で上信電鉄線に乗り換え、上州富岡駅下車。徒歩10分で富岡製糸場に着きました。上信電鉄高崎駅では、『往復乗車券+工場見学=2,140円』のセット切符を売っていました。電車は、一時間に1,2本走っています。2014年6月に文化遺産の一つとして「富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)」が登録されました。駅前の食堂で昼食をとりました。保存修理の工事がすすむなか、観光客はたくさん出入してました。現在、一部見学ができない部分もあり、工事が完了してからの見学がおすすめ。
   明治初年の建築になる繭所は、壁面は煉瓦とセメントではなく、木材で骨組みを造り、壁の仕上げに煉瓦を用いる建築方法でした。製糸の原料となる繭(まゆ)を貯蔵しておく繭所は、「東置繭所」と「西置繭所」とあり、全長100mをこす大きな倉庫の2棟の見学がメインとなります。{貯繭(ちょけん)」と呼ばれる繭の貯蔵は、生糸の品質を左右する重要な作業でした。2階建てで、1階は繭や糸の取扱い、石炭置き場、貯繭場などと、明治→大正→昭和と時代により、床・壁・建具が改造されていきました。二階は、繭の貯蔵として、乾燥技術の改良で変化してきたそうです。泊りは磯部温泉でした。高崎駅から磯部駅へ向かい、送迎バスで宿へ入りました。
   翌日、磯部駅から一駅の乗車し、松井田駅からタクシーで妙義神社へ行く予定は、雨で止めました。磯部駅構内の看板に{温泉記号発祥の地・磯部温泉}と書かれてあり、クラゲマークの絵柄が磯部温泉から広がっていったことを知りました。高崎駅の乗り換えの通路で、{上野(こうづけ)三碑}の展示がありました。{上野三碑}とは、群馬県(古代の上野国ーこうづけのくに)高崎市山名町・吉井町にある3つの石碑ー山上碑・多胡碑・金井沢碑の総称です。飛鳥・奈良時代に建てられたのだそうです。
   平安時代以前の石碑・石塔は日本国内には18例しかないなかで、三つが古代の多胡郡にあることは、"国宝並み"の特別史跡の価値がある!。今から、1300年前の地方の制度、豪族間の婚姻関係、古代の家族意識、仏教思想などを伝えてくれます。渡来人などの知識層が関わっていたと考えられ、{他民族共生社会}がはぐくまれていた、と考えられます。秋の一泊二日の紀行となりました。
 (平野正敏・会員,写真も)