松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年06月17日

松戸の戦国時代・国府台合戦を語る:中山文人学芸員の講演会から 6/17報告

 歴史物に興味があり、松戸の戦国時代は?となると、北小金の大谷口・小金城≒高城氏(たかぎし)のことになります。『戦国時代の史料を眺めてみるー西原文書ふたたび』と題して、中山文人学芸員の講演会が6/17(日)午後、博物館講堂でありました。60人を越す参加者が、10数点の戦国古文書の解読と説明を興味深く聞き入りました。◎これまでの、企画展や講演会で、すでに伊豆(現・函南‐かんなみ)の土豪だった西原家の歴史やその古文書にまつわるエピソード(空襲直前に焼失をまぬがれた!)の"復習"。散逸しがちな古文書の収集の必要なことや、江戸物は1千点はあるが中世物は極少という貴重さも。◎西原文書10点のすべての読み下し文や、新たな資料が添えられる。1563年(永禄期)~1571年(元亀期)頃の、松戸周辺の緊迫した戦乱の状況を読み解く。1564年正月、小金城主の高城氏は、小田原・北条氏康へ市川国府台に陣取る房州の里見軍の動静を伝え、急襲することになります。その折りの、恩賞がゼニであったり収穫の米俵であったりとか、動員のうち陣夫(じんぷ)は要るの、要らないから具足の兵だけで来いとか、リアルなお話し。◎北条・今川・武田の三国同盟も上杉や徳川・織田の動きとからみ、崩壊していき、戦国時代は豊臣一強へと変化していきます。動乱のなか、西原氏はそのなかで農業に転じ、江戸時代を通じて存続してきました。高城氏も徳川時代は旗本として存続したようです。◎新資料の一部ー『北条家制札 永禄七(1564)年正月十四日  制札 右、軍勢・甲乙人等、乱暴狼藉のこと、かたく停止せしめおわんぬ、若し違背の輩これあらば、速く罪科に処せらるべこものなり、よってくだんのごとし、 子正月十四日(虎朱印)  遠山左衛門慰奉 (小金)旧領松戸郷』  大規模な戦闘直後の処理に関わる史料。高城氏が支配する小金領内には、北条家が高城氏から取り上げて権益を行使する国分郷、松戸郷などの「金旧領」が複数存在したことが判明するー市川もまた「金旧領」の可能性は濃厚。=当日資料。(記録・松尾)