松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年01月22日

松史会例会報告:家康は萬満寺70石・本土寺10石、東漸寺には?  №311

  友の会の学習部会・松史会の1月例会は、「江戸初期の松戸地方の検地」でした。{徳川家康が関東入国後の天正18年(1590)に検地したのは、伊豆・下総であったといわれる
   …上層家臣団の場合は、各自が検地を行ない、その結果を報告する。…小金に封ぜられた武田信吉は、果たして検地を行ったであろうか、どうもその点についてはよく判っていない。(紙敷村・小金町・大谷口村・二ッ木村など7か村の検地表)。…家康が萬満寺に対して70石を、同じく本土寺に対して10石を寄進したのは、天正19年(1591)11月のことであった。
   …東漸寺の場合は確かに百石寄進に見合う寺領検地ではあったが、百石寄進の朱印が下附されたかどうか甚だ疑わしいというのは、文禄2年(1593)閏9月に、恐らく、この時の住職であったと思われる第7世了学が、朝鮮出征の陣(九州・名護屋)から帰った家康を見舞っており、その際に、寺領寄進を願ったらしいからである。…} 『松戸市史』下巻p46~。"東漸寺の百石の寄進"をめぐるその後の交渉ごと、窮状を訴えた小金町の名主連の書状、1636年に三代家光のときに35石の朱印が交付された、というくだり。今月も30人を越す会員が、輪読担当の橋本会員のもと、{東漸寺百石物語!}に取り組みました。
    2月は休会しますが、2/6(水)午後、北小金駅前集合、東漸寺~広徳寺~本土寺を徒歩見学の予定です。写真は、現在の冬枯れの東漸寺・広徳寺・本土寺です。