松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年06月21日

会員からの報告:鹿島神宮~潮来あやめ園巡りました 平野正敏会員

 まだ関東の梅雨はあけませんが、ことしの{あやめ見物は潮来で}堪能してきました。―■往きはJR柏駅乗車、我孫子で成田線に乗り換え、更に佐原駅で鹿島線に乗り換えました。成田線は列車にトイレがなく、一本見送ると次は約1時間待ちです。佐原駅では、駅前には商店街の食堂が見当たらず売店で弁当を買い、待合室で食べました。佐原の町は以前、友の会の見学会で回った記憶がありました。伊能忠敬翁の銅像が建てられ、駅は瓦屋根、駅名は木製で落ち着きのある駅でした。■■佐原で鹿島線に乗り、鹿島神宮へ向かいました。鹿島臨海工業地帯は1969年(昭和44)に住友金属が創業を開始、鹿島港も急ピッチで開発が進められました。人口は毎年、若干ですが増えているのに驚きました。鹿島神宮へは、JR鹿島駅から徒歩10分、ゆるい登り坂です。途中、「聖剣塚原卜伝」の像がありました。{延徳元年(1489)鹿島神宮卜部座主職吉川家に生まれる。…生涯に廻国修行三度、足利将軍家等に剣理を授く、元亀二年三月没、八十三才…}。■■■鹿島神宮は、古くは『常陸国風土記』に鎮座が確認される東国随一の古社であり、日本神話で大国主の国譲りの際に活躍する武甕槌神(建御雷神、タケミカヅチ)を祭神とすることで知られる。古代には朝廷から蝦夷の平定神として、また、藤原氏から氏神として崇敬された。その神威は中世に武家の世に移って以後も続き、歴代の武家政権からは武神として崇敬されたーウイキペディから。境内入り口の大鳥居は、もともとは笠間市産の御影石を用いた石鳥居でしたが、2011年3月11日の大地震や余震で根本から倒壊してしまう。新しく境内の杉の巨木四本を刈り出し再建された。■■■■三間二階建ての桜門の両脇には随神像が安置され、裏側には大木を輪切りにした板に、赤い玉をはめ込み、稲光が描かれているものが飾られていました。何を意味するのか解りませんでした。檜皮葺の拝殿と本殿が見えます。参道北側に鹿園があり、神使(神の使い)の鹿が3、40頭飼育されていました。神護景雲元年(676)に白い神鹿の背に、分霊を乗せ、多くの鹿を連れて出発し、一年かけて奈良まで行った、と伝えられている。奈良の鹿も鹿島神宮の発祥とされているとのこと。■■■■■鹿島神宮駅から潮来駅に戻り、「水郷潮来あやめ園」であやめを鑑賞しました。園内には500種百万株が植栽されているそうです。歩行者用のアーチ状の木橋・水雲橋からは、園内全体を観望できます。5/26~6/24{第67回水郷潮来あやめまつり}でした。{嫁入り舟}(水・土・日)やあやめ祭りでは、{潮来花嫁さんは舟でゆく〽夢をいだいて ギッチラコ ギッチラ ギッチラコ〽 好きなあの人 東京育ち 私しゃ潮来の〽 水育ち…}を聞かれました。平野正敏会員から