松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年06月27日

ぶらり栃木駅下車:『巴波(うずま)川の蔵の街』と満願寺へ  №270

  鬼怒川温泉の宿への途中、"東武線"の栃木駅で下車してみました。梅雨時の小雨でした。観光場所として、最初、「出流山満願寺(いずるさん・まんがんじ)」、へ。駅前からの乗合いバスの終点でした。約1時間の乗車でしたが、料金は意外に300円の安さでした。地域の唯一の交通手段で、低料金は住民の老齢化・過疎化への地域対策なのか、と思いました。ゆるい上り坂を5分ほど歩くと、満願寺仁王門につきました。真言宗智山派の寺院。坂東三十三観音霊場の第17番札所。天平神護元年(765年)、勝道上人が創建したそうです。弘仁11年(820年)には、空海が参詣し、当山の銘木で千手観世音菩薩を造立したとされています。昼食は当地で美味しいと評判の蕎麦を仁王門前の蕎麦店で食べました。⦿⦿⦿栃木駅に戻り、駅周辺を歩いてみました。観光スポットの『蔵の街』へ。巴波川(うずまがわ)沿いに蔵が建ち並び、木造舟が係留され、落ち着いた静かな街並みでした。百メートル余りなので、それほど規模は大きくありません。川沿いに「栃木瓦」と「吉屋信子生誕百十年記念碑」がありました。碑文によると、吉屋信子は栃木に7年ほど住んでいたようです。⦿⦿⦿栃木市の『蔵の街』は、日光東照宮へと続く「例幣使街道」を中心に、見世蔵が建ち並ぶ一大スポットです。その路地裏に入ると巴波川が残っています。江戸時代には、江戸との重要な交易ルートとして使用されていました。栃木市は物資の集散地として興隆を極め、主な取引品目は材木でした。数多くの材木が切り出され、巴波川を通って木場に集荷されました。また、江戸と日光を結ぶ中心的な街道≒例幣使街道(れいへいし・かいどう)として、その宿場としても栄えました。*「例幣使(れいへいし)」とは、朝廷がつかわした伊勢神宮の神前に捧げものをもっていく使者のことです。江戸時代、朝廷は徳川家康の法要のため日光東照宮にも同じように勅使を派遣した。恒例となったこの派遣のため、京から中山道を通り、倉賀野宿より日光に至るまでの道を整備した。復路は日光道から江戸に入り、東海道を使って帰京した。春の東照宮例祭に合わせ、勅使が通る道のことを「日光例幣使道」という。例幣使は京を4月1日に出発、15日に日光に到着した。1647年から1867年の221年間、一度も中断することがなかった。  平野正敏・友の会員から(写真も)