松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年09月03日

近隣館情報:{絵図}八千代、{木版画}千葉、{戦災}昭和館 9/9(日)まで

 近隣館情報のうち、次の日曜9/9で終了する展覧会を紹介しておきます。➀『絵図で知る八千代』八千代市立郷土博物館-江戸時代の村絵図から村の境、新川開削の印旛沼割絵図、ひと昔まえの八千代の村々、現在と比較してみます。☎047-484-9011。②『木版画の神様 平塚運一展』千葉市美術館。島根県松江市の宮大工の家に生まれた「ひらつか・うんいち」(明治28-平成9)。伝統的な彫版を身につけ、国画会・日本版画協会を舞台に活躍。自画・自刻・自摺を旨とする創作版画家。☎043-221-2311③昭和館で学ぶ『この世界の片隅に』昭和館。漫画で描写された戦中・戦後の広島・呉で暮らす女性を主人公、資料調査や聞き取りし当時の暮らしを紹介☎03-3222-2577。なお、『藤田嗣治展』(つぐはる)10/8(日)まで上野・東京都美術館ですが、第3水曜9/19は65歳以上、無料です(保険証など提示)-なるべく午前中9:30~ご観覧ください。有名な『エミりー・クレイン』-フジタといえば"乳白色の下地の絵"(実は化粧用パウダーを使用していたらしい!秘密!!)の他、彼の生涯にわたる遍歴の作品群です。