松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年11月11日

会員からの報告:日光の紅葉最盛期、好天、中宮祠へ

 日光の紅葉の最盛期、10月末、行ってきました。好天に恵まれ、大変、素晴らしい紅葉を楽しむことができました。土曜、日曜を避けた平日だったなのに、日光駅前の乗合いバスのお客の多さには、驚かされました。バスの乗客は、日本人は、一、二割で、ほとんど、外国人でした。欧米人が少々、東洋人が大部分でした。インド人の家族も見られました。湯本温泉行、二時間、折り畳みイスも使えず、立ったままの乗車となりました。道路は渋滞し、のろのろ運転で、曲がりくねった道に横揺れもひどく、なんのための旅行か!というおもいでした。外国から日本に観光に来て、沢山、カネを使ってもらうのは、わが国にとっては有難いことかもしれませんが、毎日が休日の年金生活者にとっては、土日を避けた旅行が裏目にでた思いでした。少し有名な観光地の旅行は事前に混雑情報をしらべてゆくべきだった、と反省。(もっとも、日光の紅葉シーズンじゃ、ムリでしょうが!"陰の声")。この混雑で、華厳の滝は割愛。ことしの中禅寺湖の水量は多く、滝に落す水量も豊富ですばらしかった、というのが残念でした。目的の二荒山神社中宮祠(ふたらさん・ちゅうぐうじ)は、中禅寺湖の北岸、男体山山麓の景勝の地に鎮座する神社です(写真1,2)。男体山の山頂にある二荒山神社奥宮と、日光市内にある二荒山本社の中間にあるので中宮祠と呼ばれています。境内の木々も紅葉が素晴らしく、ようやく、来てよかった!!と思いました。「登拝門」の先には、石段が山頂に向かって延び上がっていきますー{男体山頂奥宮まで通ずる山頂まで、約6キロメートル、三時間半位要する。一合目遥拝所まで往復二十分}と、案内板。体力と時間があれば挑戦されたらいかがでしょうか!。帰路は、中宮祠前から路線バスに乗車しました。バスは湯本温泉から日光駅へ向かうバスで、往路に比べ、何とか座ることができホッとしました。「いろは坂」を下る車窓からは、何枚も紅葉の写真を撮りました。最盛期の紅葉を眺めることができました(写真3)。ことしの紅葉、もよりの{21世紀公園}、北小金の本土寺、養老渓谷でも、紅葉鑑賞ができるでしょう。我孫子の日立総合経営研修所庭園も12/1(土、10:00~午後ごご3:00)まで公開されます。(雨天、12/2日曜に順延)。(平野正敏・会員)