松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年09月14日

学習部会報告:松史会は”女体神社ってナーニ?”、中世の会は千葉氏本宗の分裂へ

 夏休みだった学習部会も9月に入って、定例のサークル活動が再開されています。「松史会」は9/5(火)に30人が集まり、『松戸市史』近世編-小金城主高城氏家名再興と旧家臣ーを講読をしました(写真1)。輪番担当の村上さんが、小金城落城以後の文書の項目を、ていねいに読み下していきました。{1730年(享保15年)に高城清胤(たかぎ・きよたね)が小金町を訪れ、慶林寺の桂林尼の墓石を建立し、翌年、城内に在った神明社と女躰社に石水鉢を寄進している}との一節。"女体(躰)神社ってナーニ?"ということで、村上さんは日ごろの、市内案内役の豊富な知識から、"このエロチックな神社は、広い意味での女神信仰にあり、関東地方とくに武蔵国の利根川水系に多く、40社ほどあった。松戸市内には横須賀(写真2)と樋之口(大乗院、写真3)にある"とのこと。また、「中世の東国講読の会」は、9/14(金)に20人が参加して、『享徳の乱』(峰岸純夫著)の復習へ。蒲生さん、増田さん、梶岡さんの三人が、室町幕府と鎌倉府との組織機構の説明や、千葉氏の盛衰、上杉禅秀(ぜんしゅう)の乱(1416年-応永23)の詳細などを提供しました。京都・足利幕府側の管領職≒上杉氏と鎌倉公方の足利持氏(もちうじ)との抗争にあって、千葉氏はどうなっていったか?。所領を安堵されたり、千葉氏内部での馬加氏・原氏の台頭に翻弄されたり、そして、1454年(享徳3)千葉氏本宗は滅亡へと。下総千葉氏と武蔵千葉氏へと分裂していくくだりが話されていきました。この他、「古文書の会」ー大谷口村名主の江戸時代末期の地方文書(じかたもんじょ)=『御用留(ごようどめ)』の解読、「水無月の会」(古文書・『安政雑記』、市民劇場於)、「考古の会」(午前中:『日本書紀』、午後『大王から天皇へ』(熊谷公男著)、『はたくさの会』(染め・紡ぎ・織り。年度会員制、今年度定員済み)が、秋からも活動しています。