松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年02月13日

文化ホールイベント:松戸市景観スポット展・25回JRP松戸支部写真展・矢切陶芸作品展 終了 №315

 昨年3月で閉店した松戸駅前の旧・伊勢丹は、春から約50店の入る商業施設『キテミテマツド』として、オープンのようです。その松戸ビルの4階には、「松戸文化ホールギャラリー」があり、"開店"を続けています。ほぼ、一週間単位で3つの展示会が開かれています。2/5~2/12まで、興味のあるイベントが開かれました。
  {わたしが好きな松戸の景観スポット展}は、松戸市内の有名・無名の場所を、毎年、とりあげる、市民による公募写真展です。本格的な三脚・超望遠鏡での写真から、スマホで簡単ながらも愛着を込めた写真など、市内40か所からのコメント付きの紹介で飾られました。戸定邸(とじょうてい)の庭先にあたらしくできた展望台や、市内三か所での獅子舞の紹介、古ヶ崎五差路からの六間掘り周辺の農家風景などもみることができました。毎年、11月末締め切り、ひとり3点、ネット送信画像でも可能、都市計画課景観班が担当してます。
  {JRP(日本リアリズム写真集団)松戸支部『海月(くらげ』の写真展}は25回目を迎えました。20人の会員が、個性的な作品をみせていました。野田市内を各自が撮った企画が目をひきました。フランスの点描とか東方教会といった、海外の写真も見ることが出来ました。モノクロ写真による本格派です。会期中には、各自の作品紹介と講評などもありました。ライフワークとしての写真をめざす方には、ふさわしい写真集団でしょう。
   そして、{矢切陶芸クラブの作品展}は2年ぶり。約20名の新人、ベテランの焼いた花器、壁物、置物などの大小が、ひとりづつのスペース一杯に飾られていました。"ドーゾ、ご自由にお持ち帰りください"と、ぐい飲みのお猪口、トックリ、箸置きなどの"サービス"もありました。矢切のセンターで焼いているそうです。ギャラリーでは、2月中旬からは、{選挙啓発習字作品展・小中学生秀作展}(~26日)が開かれています。
  なお、松戸市立博物館友の会では、新年度の会費を受付中です。3/12発行予定の3月会報と同封で新会員証を送れるよう、ご協力ください。この機会に友の会の活動へ興味のある方には、ご案内状をお送りしています。