松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年08月07日

子ども体験教室:染め物の合い間には組みヒモも 5-3

  ≪自分でつくる糸と布ーつむぐ・染める・織る・縫う≫3回目。きょう(8/7・火)}の3回目は、{染め物}でした。染料は➀ビワの葉、②ヨモギ、媒染剤(ばいせんざい)として③明礬(みょうばん)、そして④鉄、を使い4色の糸ができました。作業に、"待ち時間"がちょくちょくありました。植物を煮出す時間とか、糸を染める時とか、媒染剤に浸ける時間などで、待ち時間となりました。そこで、他のこともできました。最初の待ち時間には、博物館の学芸員が受講の子どもらを二階の常設展示場へ案内し、縄文の土器や松戸の歴史の説明もしました。あとの待ち時間では、簡単なディスクで{組み紐(ひも)}もしました。"きょうは、組み紐講座の日?"と間違えるほど、子どもたちは、組み紐に食いつき楽しそうでした。明日8日(水)は台風の接近が心配ですが、講習4回目≪織り≫です。追記:4色は、ビワ+みょうばん媒染、ビワ+鉄媒染、ヨモギ+みょうばん媒染、ヨモギ+鉄媒染で浸けて作り出します。担当インストラクター・伊藤さん(会員)から