松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年06月04日

6月17日(日)13:00~講演会「戦国時代の史料を眺めてみる-西原文書ふたたびー」先着80名

市民の皆様お早うございます。月が変わりましたが、本日は快晴の五月晴れ?出歩くのには少々暑いのかもと出不精になってしまいます。ところで17日(日)午後1時からの学芸員講演会②が2週後に迫ってまいりました。中山先生のお話を待ち遠しく思っておられる方も多いかと思います。実は、昨日の講演会も満席でした。そんな訳で中山先生の講演会もきっと満席が予想されます。申込み不用の先着80名様の講演会にさせていただいてますので、少し早目のご来館が望ましいかと思います。さて、今回の講師、当館の中山文人学芸員は、皆様よくご承知のように、専門分野は「日本中世史」です。いわゆる戦国時代で、とりわけ地元松戸に関連するお話をなさることが多かったかと思います。『享徳の乱』を皮切りに、東国を舞台に繰り広げられた攻防の渦を、中山先生は、多くの史料をひも解きながら、名調子で語ってくれます。今回は、再び“西原文書"をベースに新たな歴史を語ってくれるようです。期待してお待ちいただければと思います。