松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年12月05日

松史会例会:江戸初期、小金3万石とは、どの辺りだったのか?

 12月例会の松史会が、12/5水、午後から、博物館実習室で開かれました。前月は、現地見学会として、江戸川放水路周辺の水門や旧家を見学しました。今月は、『松戸市史近世編ー江戸初期の松戸市域の支配関係』を、輪番の福田会員が読み進めました。参加30人余のうち、新入会員として、小金のⅯさんが初出席となりました。"松戸・小金に住んで40年になりますが、松戸のことも、近くの本土寺や東漸寺、高城氏菩提寺のこともよくは知らずにきました。自治会から友の会加入のチラシをいただき、この集りを知りました"と、あいさつされました。友の会では、最近、重点的に、チラシを自治会、センターに配って、会員募集に力を入れてます、その成果の表れとなったことです。「武田信吉の所領した小金3万石が、実際にはどの様な地域に及んでいたかについては、明らかではないが、高城家文書{高城古下野守胤忠知行高附帳}から、いわゆる{小金領}と称される149か村を抜き出して、村高を合計すると3万石を越えることが分かる。」(33p)。