松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年10月16日

市博の内と外で講演会:ガンダーラ講演3弾{現地調査体験}と{図書館はコミュニテイーの核へ}

 ドッとイベントが開かれています。市立博物館では、10/14(日)午後、大森隆志学芸員による『ガンダーラの仏教寺院をたずねて』という講演会が開かれました(写真1、2)。講堂の80人席は満席の関心でした。開催中の特別展『ガンダーラ 仏教文化の姿と形』(11/25まで)への関連講演会第3弾でした。いまは紛争地帯で立ち入りのできない地域であったり、20年前の松戸市博の調査時の遺物・記録写真が貴重になっているそうです。とつとつとした話し方で、「中国から仏教聖地をめぐった僧の記録ー5世紀初頭の『法顕伝』・6世紀初頭の『宋雲行紀』・7世紀『大唐西域記』の見聞記を」}を紹介。各遺跡の「寺院内の配置図から、仏塔(ストゥーパ)と僧房の位置や大きさの違いなどを図面で紹介し、調査時や参考物を写真」で示されていきました。我々が見ている浮彫のレリーフ状の彫刻は、「仏塔の下段や基壇や僧坊の壁などに彫り込まれたり、漆喰で作られたりしたもの」という。「ガンダーラの仏像は、壁にくっつけてしまってる、頭や背中はぺったんこ!」なのが特徴とのこと。インダス河の左右に点在するガンダーラ地域の仏教遺跡は、「世界遺産に指定されているところや、危険地帯になっているところもある」ということでした。前日の10/13(土)午後、市民会館では100人ほどの30代~70代の男女半々の集まりで、松戸市立図書館主催・市民講座がありました(写真3)。『図書館で生まれるコミュニティー「知」と出会い、人とつながる』という講演とシンポジウムでした。はじめに、大串夏身氏(昭和女子大学名誉教授)の40分間、基調講演があり、「図書館サービスとは何か?街づくり、地域づくりに取り組んでる図書館の実例」、「今、図書館のカウンターで最も利用されているのは,『国史大辞典(吉川弘文館)』です。索引と参考文献がしっかりしていて、レファレンスによく使われている!」と語られました。このあと、李明喜氏(アカデミック・リソースガイド株式会社)、平賀研也氏(県立長野図書館長)、伊藤純一氏(松戸市教育長)、大串氏の4人でのシンポジウムがありました。松戸市では、老朽化した市立図書館の建て替えが課題のなかで、新しい図書館像が求められています。一昨年、"新図書館像"の審議会答申(図書館整備計画)も発表されたり、ことしになって、東松戸地区に建設プラン(東松戸まちづくり事業)が議会でもとりあげらたりもしてきています。全国の新しい図書館の役割や運営の紹介が述べられていきました。「人とのつながりをめざし、居心地のよい、いろんなコミュニティとかかわりのある新しい図書館づくりであってほしい。情報システム・デジタル化に対応した使命の施設でもありたい」(平賀氏)、「開かれた空間施設として、東松戸・新松戸・松戸駅近くの3か所には、それぞれ地域のニーズに合う文化施設ができればいいのですが…」(伊藤氏)、「"図書館は静かに本を読み、借り受けていく場所"という時代から、騒いでもいい(場所、コーナーもある)、持ち寄って・語り合っていいアイデア・プランに仕上げられる場所もある、そういう新しい図書館像を市民ともに築いていくことが必要」(李氏・コーディネーター)とありました。(松尾)