松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年03月12日

最新の会報3月号:5/23(木)に総会・{天皇・改元に関してー岩壁義光氏}の講演予定

 3/12(火)の午前中に、当「友の会」の定例の運営委員会が開かれました。15人の委員の出席による今年度の最終の集りとなりました。平成30年度の会員数は242名でした。男性7割・女性3割、松戸市内在住者が8割、市外が2割でした。新入会員は35人で、昨年度の20名より増加しました。10年前の約40人(総員300.人)、5年前の約50人(〃280人)と比較すると、新会員の入会は低下の傾向でした。バス見学会は3回・徒歩見学会は7回、会報発行は6回、講演会主催・共催7回を実施となりました。
  来年度への総会は、5/23(木)午後、博物館講堂で開催します。総会終了後の記念講演会として、5月の改元に際し、{天皇・改元に関連した内容}で、岩壁義光氏・元宮内庁書陵部編修課長を予定しております。
  本日から配送を始めている「友の会会報3月号(108号)」とともに、新年度会員証や総会・講演会出欠のハガキを同封してあります。一般の方にも、講演会への参加は、呼びかけます(詳細は後日)。午後から、会報の発送作業を行いました。近日には、届くことにしてあります。
  以下、主な内容です。
○「2019年定例総会」と「記念講演会」のご案内、○開館25周年記念企画展「日本の太鼓・世界の太鼓」3/9~3/24、無料、
○会員の声{会報に川柳、俳句、狂歌、自由な一言が是非欲しい}、○〈ひとこと〉年報ってご存知ですか―中山文人・学芸員、
○裂き織りをしてみませんか―はたくさの会、
○〘会員限定〙➀徒歩見学会4/19(金)古き良き江戸情緒と今が溶け合う街"神楽坂"を散策する、②徒歩見学会5/9(木)・5/ 18(土)宿場町"内藤新宿"と"新宿御苑"を散策する、③バス見学会予告6/6(木)神々が宿る風光明媚な裏日光を巡る、
○『まつどを知る会』発足のお知らせ、○見学会報告・初詣『浅草名所七福神』を巡拝しました!吉崎祥一郎・企画担当。   以上