松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年04月03日

お江戸の大事件と錦絵Ⅱかわら版が走る:富澤達三学芸員の講演会終了

 『友の会共催:松戸市立博物館学芸員の講演会』は、3/31土曜、
6人目の富澤達三さんが、錦絵第二弾の講演を終えました。題して
{お江戸の大事件と錦絵}とくに、『かわら版』のお話しでした。一般市
民と当会会員の半数ずつの計70名をこす参加者でした。(『浮世絵』は江
戸時代に流行った木版画全体。『錦絵』は、その浮世絵のうちの多色刷りのもの、とされる。)
前回までの話は―18世紀後半、江戸時代の後期になるほど、"錦絵(に
しきえ)は、役者、美人、花鳥風月、名所が主要画題"として人気があ
りました。参勤交代でやってくる地方の武士にとって、江戸の土産品と
しても売れたようです。そして今回へ
◇{際もの}としての風刺画や事件ものは、無届け出版・ニュース性・
紙質の悪い印刷物ながら、江戸・大坂などの巷の情報源として売買さ
れました。『当局発表』のない時代、火災の類焼箇所や炊き出し場所
などの情報は、ある程度許容されたようです。{政治批判をしたと思わ
れがちですが、あくまでも、売れればよい『商品』であって、お上に睨ま
れる題材は避けた}とのこと。
◇1920年代、毎日新聞記者だった小野秀雄はドイツやイギリスの民
衆向け印刷物を研究するうち、かわら版に興味を持ちます。その後、
東大新聞研究所(現・情報学環)に研究の場ができ、600種・1000枚
があるそうです。浅間山の大噴火、安政の大地震の他、嘉永6年(18
53年)のペリー来航には数百点の「黒船かわら版」が生まれたそうです。
"幕府が異国船に対する備えを怠っていないといする体制寄りの情報"
だったとも。
◇当日の感想にはいつもより多く、積極的な期待と満足の声でした。「
目に見える、ビジュアル化した史料での講演はよかった。かわら版につ
いて知らなかったことがいっぱいあった。多くの知識を得ることができた。
収穫の一日だった。音読のためにフリガナを付けていた話もおもしろい
ですね。明治23年生まれのじいさんが新聞を声をだして読んでいたの
を思い出しました。」と、アンケートから。  
(引用写真は横浜開港資料館蔵などからです。以下、今後のイベント・講演会予定です:記録・松尾)
4/17(火)~5/20(日) 「錦絵 in 1868」 国立歴史民俗博物館(佐倉市) 一般420円 4/23/5/7,14は休館。 
5/27(日)13:00~「松戸の江戸時代 歴史資料のいろいろ」 当館にて 講師・富澤達三氏(館蔵資料展担当学芸員) 当日先着80名 無料。
■6/3(日)13:00~「近世・江戸河岸と江戸ー人と物の交流」  当館にて 講師・和泉清司氏(高崎経済大学名誉教授) 5/15締切・往復ハガキで博物館まで。
6/17(日)13:00~「戦国時代の史料を眺めてみる―西原文書ふたたび」 当館にて 講師・中山文人学芸員   当日先着80名  無料。 以上