松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年01月10日

体験学習ボランティア:昔のくらしインストラクター1月~3月活動へ

 『友の会』の学習活動の中には、ボランティア活動もあります。
一年間かけての{米づくり}とともに、{昔のくらし体験}があります。
 小学4年生の学習課目に{郷土のくらし・昔のくらし}があります。
市立博物館では、1/13(土)~3/25(日)、「昔のくらし探検」を
開催します。80年前の農家のようすを再現し、使われた台所用品・
生活器具・農機具を展示します。高齢者の施設からも、団体で昔を
懐古することで、喜ばれる見学にもなってます。
●その中で、毎週土曜に交代で{桶をかついでみよう}と{風呂敷の
使い方}を、当会の会員がインストラクターとして協力しています。
 1/7に初会合を開き、20人が参加しました。青木学芸員からは
展示場の解説を受講し、初めての協力者の実習も行われました。
●これからの実習協力の日程は以下のスケジュールです。無料で、
毎土曜、13:10~16:00まで隔週交互の実習です。
{桶をかつでみよう}1/13・27,2/10・24,3/10・24。
{風呂敷を使ってみよう}1/20・27、2/3・17.3/3・17。
●*3/18(日)・25(日)の両日は「紙芝居と昔の遊びを楽しむ日」と
して、紙芝居・からくりおもちゃをつくろう・けん玉・お手玉などのイベ
ント行事を開きます。一般市民向けです。
 →ご協力いただける方を募集してますので、会場でお声を
  かけてください。 (担当:椎野・伊藤)