松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年04月12日

近隣館訪問報告:「江戸と北京」展・「ロマノフ王朝展」 終了

 二つの近隣館を終了まぎわの展覧会でみてきました。
●『江戸と北京』展・江戸東京博物館 {煕(かがや)ける御代の勝れたる大江戸の景観}とい
『煕代勝覧』(きだいしょうらん)の原画を観られる、又とない機会だったので、早くから楽しみ
していましたが、結局、終了の前日になってしまいました。昨年の『友の会報』で、会員
田寛市さんが『煕代勝覧』の文を寄せられていました。その後、本に掲載されているものを
り、解説も読んでおりましたが、展覧会場で拝見することが出来、本当に幸せでした。岩絵
しょうか、冴えた色の美しさは、やはり、本の写真版とは違ったようです。4/9終了
●東洋文庫ミュージアム・『ロマノフ王朝展』 山手線駒込駅から、六義園の観桜に急ぐ人並み
を縫うようにして、東洋文庫ミュージアムへ。初めてでした。"国会図書館の分館"なのでしょうか?!!
明るいロビー階の展示を見た後、階段を上がると、照明を落としたそこは、「モリソン書庫」と銘
うってあり、床から天井までギッシリ『四庫全書』の存目叢書で、壁面が埋められ、外の面も渋い
表紙に金・銀文字の装幀が素晴らしい本……。鳥肌が立つ思いでした。
 『ロマノフ王朝展』に関しても、貴重(と思われる)資料がたくさんあり、少し前に読んでいた大黒
谷光太夫の記録とか、漂着船物語につながる書物などもあって、色々の意味で面白かったです。
そして、何より感動したのは、あまり広くない展示室の一番端に、国宝『古文尚書』が在るのに
気付いたことです(これは常設なのか、もう少し調べてみたい、と思いました)。わたしの頭では、何
もかも理解できる、わけではありませえが、背伸びもしなければ……4/9終了
    *国宝『古文尚書』(初唐7世紀)書写―古代中国の伝説上の王「堯(ぎょう)」と「舜(しゅん)」の時代から、
      周王朝の時代(~紀元前3世紀半ば)に至る歴代の王たちの言葉を集めてつづった歴史書「尚書」のこ
      と。古文とつくのは、秦王朝(紀元前221年)以前の文字が使用されているため。古代文字、隷古定。現存
      最古の写本の一つ。朱色のヲコト点、日本に伝わった後に漢文を読み下す目的で使用した訓読点も多くみ
      られる。日本人の漢文受容の歴史や国語の発展を伝える点でも大変貴重な資料。
    *存目(そんもく)―名目だけを残すこと。目録だけがあって現物がないこと。例:四庫全書存目提要  (広辞苑より)

写真1:『煕代勝覧』一部分、写真2:ロマノフ展チラシ、写真3:建設すすむ新市立病院(完成は9月)               
 以上、友の会員のT・Cさんからの報告です。